凜華(吉岡里帆)、トレンチコート×レディな赤スカートがドラマチック<「ごめん、愛してる」第10話コーデ解説>

凜華(吉岡里帆)、トレンチコート×レディな赤スカートがドラマチック<「ごめん、愛してる」第10話コーデ解説>

  • モデルプレス
  • 更新日:2017/09/17

吉岡里帆/モデルプレス=9月17日】TOKIOの長瀬智也が主演を務め、女優の吉岡里帆が連続ドラマ初ヒロインを務めるTBS系日曜劇場「ごめん、愛してる」(毎週日曜よる9時~)の第10話が17日放送される。今作はラブストーリーの行方とともに、吉岡演じるスタイリストとして働く三田凜華のファッションも見どころ。モデルプレスでは、凜華が着こなすトレンドコーディネートを着用ブランド、スタイリストのコメントとともに紹介していく。

No image

(写真 : 吉岡里帆「ごめん、愛してる」第10話より(画像提供:TBS))

【フォトギャラリー】「ごめん、愛してる」吉岡里帆のコーデを毎週解説!

◆韓国でブームを巻き起こした純粋なラブストーリー

今作は、2004年に韓国KBSテレビで制作され「冬のソナタ」(2002年)をしのぐ最高視聴率を記録、その年の韓国ドラマ界の各賞を総なめにした究極のラブストーリー。幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた主人公・岡崎律(長瀬)が、愛情深い女性・三田凛華(吉岡)と出会い、運命を変える。

母の愛を一身に受け屈託なく生きるアイドルピアニストのサトルを坂口健太郎、自分が産んだ律がそばにいることに気づかずサトルを溺愛する麗子を大竹しのぶ、韓国マフィアの跡取り息子で律を兄のように慕っているぺクランを、初の日本ドラマ出演となる韓国で人気の若手俳優、イ・スヒョクがそれぞれ演じる。

それぞれに過酷な運命を背負いながらも、居場所を求め、愛を探す登場人物たち。“男女”、“母子”、2つの三角関係が交差し、愛される喜び、報われないせつなさ…さまざまな“愛”が詰まった切ない物語。

◆<第10話>凜華のコーデを2つ紹介(解説:ドラマスタイリスト)

1:トレンチコート×フレアスカート

<ピックアップアイテム>

合成フレアスカート「D HOLIC」

<スタイリスト解説>

合皮ですが、そこまで厚みもなく軽い素材。深めの赤なので悪目立ちすることなく、異素材感を楽しみながら履くことができます。

2:小花柄オフショルダースタイル

<ピックアップアイテム>

小花柄オフショルダー「merlot」

<スタイリスト解説>

そのまま着るのはもちろん、オフショルダーとしても着ることのできる2WAYタイプのトップスです。そのときの気分やスタイルに合わせて着分けられるので、便利ですね。肩まわりにギャザーが寄っていることや小花柄の効果で、そのまま着るとより華奢で繊細な雰囲気になります。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
武井咲主演「黒革の手帖」の打ち上げで流された「衝撃映像」に共演者ドン引き!
元SMAP3人の共演者募集!自宅に宿泊させてくれる芸能人らを
映画後も10年続く!?「コード・ブルー」に飛び出した「相棒」化計画!
長濱ねる、「欅坂46」に専念!ドラマ「Re:Mind」出演者は新メンバーからオーディション
『ニュースキャスター』が学校給食問題を特集 ビートたけし「ガタガタ抜かさず黙って食べろ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加