要注意!夢のマイホーム購入、女性のアレから始まる「思わぬ失敗談」

要注意!夢のマイホーム購入、女性のアレから始まる「思わぬ失敗談」

  • ウレぴあ総研
  • 更新日:2018/02/15
No image

一生に一度の夢のマイホーム。どうせ買うなら納得のいくところで納得のいく家に住みたいと思うもの。

人それぞれマイホームに求めるものは違い、理想とするイメージも違いますが、マイホーム購入でどうしても避けて通れないものといえば「予算」です。

予算内で買える家の中から理想に近いものを選ぶのが普通ですが、意外にもこの「予算」が頭から抜け落ちた行動をする人が存在しています。

一生に一度だから、どうせ買うなら良いものを…と、予算より200万円も300万円も、多い人では1000万円も予算をオーバーして買っている人は少なくありません。

予算をオーバーしてまで買ったマイホームは住み心地は良いのでしょうが、後からやってくるツケも大きいようです。安易な考えが後の大きな失敗へとつながる可能性もあります。

失敗といえば毎月のローンが家計を圧迫し、教育費が払えないといった失敗ですが、それだけではありません。

今回は、マイホーム購入経験者に聞いた、マイホーム購入の失敗談をお伝えします。

マイホーム購入!予算オーバーにも2通りある!

憧れの街で、最新設備の整った綺麗な家で生活したいと思う人は多いですね。特に女性は家で過ごす時間が男性に比べ長いことから、そう思うのは自然なことです。

しかしその思いが強くなり過ぎると「予算オーバー」を招きやすくなります。

同じ予算オーバーでも、あと50万、あと100万円足せばちょっとした我慢がなくなり、快適に住めるようになる予算オーバーもあれば、誰もが羨むような場所に住みたいという「見栄」からくる予算オーバーもあります。

前者の予算オーバーは、マンション購入を例にすると、あと100万円足せばワンフロアー上の日当たりの良い場所に住める場合や、あと100万円足せば床暖房が実現する場合などです。このような予算オーバーは生活を快適にするという観点もありますから、許容範囲であれば良いでしょう。

しかし後者の予算オーバーは前者とは違い、1000万円以上オーバーしているケースも少なくありません。

大きな予算オーバーの原因は「場所」が関係していることが多く、同じ面積で同じ建物を建てるにしても都心から少し離れれば予算内に収まるのに、無理をして都心の地価が高い場所を選ぼうとする人が実際に存在するのです。

「一生に一度だから」「夢のマイホームだから」そんな思いが予算オーバーを軽く考えてしまうのでしょう。

マイホーム購入が招く失敗は「女性の見栄」と関係している?

先程「見栄」からくる予算オーバーが出てきましたが、実はこの見栄からくる予算オーバーは女性が作り出している場合がほとんどです。

住みたい街にこだわる「見栄」に限らず、女性は「ヨーロピアン調の家具を揃えたい」「壁紙はコレでなくては」「ウッドデッキもつけたい」「オール電化がいい」など、友達が来ることを意識した見栄からくる予算オーバーが目立ちます。

では実際に、そんな見栄による失敗談をマイホーム経験者に語ってもらいました。

家賃よりちょっとだけ高くても自分のものになるなら・・・安易に考えていたことによる失敗

今払っている家賃と同じくらいの支出なら買ってしまった方が良いと考える人は多いですが、2万円ほど家賃よりは高くなりますが、いずれ自分のものになるならと旦那さんを説得して、住みたかった街に新築マンションを少し無理をして購入したというSさん。

購入すれば「固定資産税」「管理費」「修繕積立金」などの維持費が掛かりますが、管理費や修繕積立金は着々と上がってきているそうです。

購入して10年になるSさんですが、気づいたら毎月の支出が以前の家賃より3.5万円も増え、毎年の固定資産税の支払いも何とか工面しているようですが、以前より家計が苦しくなっていることを実感していると言います。

またSさんは住宅ローンも変動金利であるため、今後の社会情勢によっては毎月の返済額が変わってしまうかもしれなことが不安のようです。子どもの教育費は何とか目途がついているようですが、このままでは自分達の老後の資金が貯められず、マイホームも手放さなければならなくなるかもしれないと購入時の安易な考えを反省していると言います。

オプション多すぎ!こだわりが強すぎたマイホームに後悔

夫とマンションギャラリーを訪れ、場所もクオリティも申し分ないマンションに一目で気に入り即購入に踏み切ったというMさん。

問題のマンションの価格も予算内に収まっていたため、何も問題はないと思っていたそうですが、問題はMさん自身のこだわりだったと言います。

標準設備ではない設備や家具・家電など、あれもこれも気に入ってしまい「どうせ買うなら」「部屋に統一感を持たせたい」という思いから、気づけばオプション追加で予算を軽く超えていたそうです。

最初はこの部屋なら友達にも自慢できるとウキウキしていたそうですが、後からやってきたツケが大きかったと言います。オプションの設備や新しく買い替えた家電などが同じタイミングで壊れだし、今まさに修理代やメンテナンス代、買い替えなどでお金が掛っているとのこと。

また当時あんなにこだわっていた部屋の統一感も、住んでいるうち時間と共にバラつきはじめ、何のためにあそこまでお金を使って揃えたのかが分からなくなっているとMさんは言います。

「一生に一度のマイホームだから」とテンションが高くなり思わずとってしまった行動のようですが、今まさに物件の査定をしてもらってもオプションで付けた設備や備付家具などは査定金額には全く反映されず、反映されるどころかマイナスポイントとなっていることから、それならば老後のために貯めておけばよかったと後悔をしているようです。

まとめ

このように、マイホーム購入の失敗は女性の「見栄」からくることも多く、その失敗は教育費が払えないという失敗に限らず、教育費は何とかなってもその後の老後資金が貯められないという失敗につながっているようです。

購入時の予算オーバーが必ずしも失敗を招くとは限りませんが、今後昇給やボーナス、退職金や年金が充てにならないと言われている中、見栄からくる予算オーバーが致命的になる可能性もあることを視野に、冷静な判断のもと購入に踏み切りたいですね。

住宅ローンを払いながら教育費を払い、また更に先の老後資金まで考えた行動が求められる現代の子育て世代が、今後お金や心にゆとりを持ちながら生活ができることを心よりお祈りいたしております。

(ハピママ*)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
人生で一番優先したいことがわかる【心理テスト】棚の右上に置いたものは何?
日本人で多い誕生日は「4月2日」!1番少ないのは...?
どうして確定申告のハガキが来ないの? 税務署に問い合わせてみた結果...
大東建託が「ブラック企業」と呼ばれそうな、これだけの理由
絵の中に何が見える?最初に見えたものであなたの性格がわかるらしい!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加