寿司の名店「すきやばし次郎」はランチに行けば1600円で食べられるが、客に1つだけ厳しいルールが課せられる

寿司の名店「すきやばし次郎」はランチに行けば1600円で食べられるが、客に1つだけ厳しいルールが課せられる

  • ロケットニュース24
  • 更新日:2019/04/22

日本一有名な寿司店といえば『ミシュランガイド』で3つ星を12年連続で獲得している「すきやばし次郎 本店(銀座)」だろう。安倍首相がオバマ大統領(当時)と会食を行った場所としても知られる。まさにVIPが行くような高級店で、お会計はウン万円だそうな。ひょえ~!

「すきやばし次郎」一度は行ってみたいなぁ~。でも普通のカウンターの寿司店にすら自分のお金で行ったこともない私(ショーン)には夢のような話…………と、思っていたら、なんと!! ランチに行けば1600円で食べられるらしいではないか!?

「すきやばし次郎」は1965年に創業し、東京・銀座に本店を置く寿司の名店中の名店だ。創業者で本店の店主・小野二郎さんは世界中の料理人からリスペクトされており、過去にはアメリカでドキュメンタリー映画『二郎は鮨の夢を見る』が製作されているほど。

No image

Three Michelin stars hidden inside a Tokyo subway. Find out where – Watch Jiro Dreams of Sushi http://t.co/RH5cxGkOZZ
— Netflix US (@netflix)
September 8, 2014
from Twitter

一度その味を体験してみたい! という人は国内のみならず世界中にいるのだが、本店は現在、電話予約をストップしているらしく、事実上行くことは不可能に近い。

ところが、どっこい! ある方法を使えば「すきやばし次郎」へ行けるし、お手頃価格で食べられちゃうのだ! その方法とはズバリ……

No image
No image
No image

「すきやばし次郎 豊洲店」へ行くことだ!

「本店(銀座)」からのれん分けされた「豊洲店」はまぎれもない「すきやばし次郎」の一店。ランチ営業では25食限定の『サービスランチ(にぎり寿司)』を1600円で提供している。

No image

豊洲駅から徒歩10分ほどの場所に店を構えている豊洲店は、行ってみると普っ通~~の団地ビルの1階にあるので驚いてしまうが、逆に敷居が低くて入りやすい。いざ、参る!

No image

開店時間は11:15なのだが、私が行ったのは平日の11:30ごろ。入ってみると、9人掛けのカウンター席はすでに7席埋まっていた。愛想の良い女将さんに空いている1席へ案内されて座ると、目の前のカウンターの向こうにいる店主が「いらっしゃ~い」と温かく迎えてくれた。

・お寿司は少しずつ提供されるスタイル

席に座ると、まずは小鉢(この日は煮物)、お吸い物が通される。で、店主はどうしているかというと、せっせせっせと寿司をにぎり、出来上がったものをホイホイホイとカウンター席の客の前に1貫~3貫ほど置いてゆくではないか。

はっは~なるほど! サービスランチのお寿司は「まとめてドン!」と提供されるのではなく、「にぎりたて」が小出しに提供され、それをパクパクと食べていくスタイルですね!

ガッテン了解。そういえばお店の外にあった看板には「にぎり1.5人前」とだけあったので、どんなネタがどのくらい出てくるのか全くわからないのでワクワク、ドキドキだ。

No image

まだかなぁ~♪ と待っていると、ついに来た来た! 店主からにぎりたての「マグロ」「イカ」「タコ」の3貫が届けられましたぁ!

もちろん記念にスマホで写真を撮るぞ。ちょうど近くにいた女将さんの声をかけます。

私「お寿司の写真、撮ってもよろしいですか^^?」

女将「いいですよ~…………1回だけ」

私「…………!? い、1回、だけ?」

すると、カウンター奥にいる店主もカットインしてくる。

店主「そ! 1回だけ^^」

私「(な……ん……だと……!?)」

写真はたった1回こっきりしか撮れない……? ということは、いま目の前にある「3貫」を撮ったら、もう終わり? そんな……せっかく人生初の「すきやばし次郎」へ来たのに思い出の写真は「マグロ」「イカ」「タコ」の3ショットのみ? それはちょっと寂しすぎるヨ~!

むしろお寿司は一つ残らず写真に撮ろうと思っていたのに……「撮影は1回だけ」って、ちょっと厳しすぎやしませんか……。

(……ん? いや、というか、待てよ?)

そのとき、私の脳裏に、ある仮説が浮かんだ。

・「寿司1貫」 → 「撮影1回」か?

私が早とちりしているだけで、ひょっとして「1回」というのは、「お寿司1貫につき、撮影が1回」という意味なのでは? そうであれば、出されたお寿司の数だけ写真が撮れる。寿司10貫だったら写真は10枚。きっとそういうことだ! 論理展開がものすごくセコくてみみっちいが、ココは女将さんに確かめよう。女将は~ん!

私「あの、1回って、1貫につき1回ですか?」

女将「……え?」

私「つまり、それぞれのお寿司を1回ずつ撮っていい、ということですか?」

女将「いえいえ(苦笑)。全体で1回。だから、1人1回ということね」

私「……そうですか(がっかり)」

女将「写真もいいけど、お寿司はにぎりたてが一番美味しいからどんどん食べて!」

途中、女将さんが「……え?」と聞き返してきたのは、心の中で(……え? やだちょっとこの人、何言ってるかわからないわ。この人……もしかしてアレかしら。きっとそうだわ春だし絶対アレだわ)……と思ったかどうかはわからないが、少し引いていたのかもしれない。

・撮影は「1人1回」

ともかく「すきやばし次郎 豊洲店」での写真撮影は、文字通り「1回」のみということだ。

『出された寿司に手を付けず、全て勢ぞろいしてから写真を1枚撮る』という方法ももちろん考えた。しかし、女将さんが「にぎりたてが一番美味しい」と言ったそばからそんなマネはできないでしょう? 私はまぎれもなくアレだが、そこまでのアレではないから。

・女神からの啓示「撮るなら……〇〇よ」

それにしても貴重な「1回」の撮影はいつ使えばいいんだ? 頭を悩ませていた、そのときである。女将……いや! 女神からの啓示が降りてきた。

女神(元女将)「写真を撮るなら……アナゴがおすすめよ。一番最後^^」

私「……! わっかりましたぁ!」

「サザエさん」ではたまにしか出演せず脇役に甘んじているアナゴさんだが、現実世界では寿司の大トリを任されることの多い重鎮。ここ「すきやばし次郎 豊洲店」のサービスランチでも最後に満を持して登場した。私はその瞬間を、たった1枚だが撮影することに成功した!

No image

今までの人生で一番待ってたよアナゴさん……! 上品な甘いタレに包まれていて、口に入れるとほろほろ~とトロけて、美味、美味、美味!! もう、その一言につきる。

・ちなみに

参考までに、アナゴさんの前にはどんなネタが出てきたかというと「マグロ」「イカ」「タコ」「ホタテ」「ヒラメ」「シメサバ」「海老」「玉子焼き」「鉄火巻」「沢庵巻」(※日によって内容は違うと思われる)。どれもこれも普段行くような「回る寿司」とは一線を画した美味しさだったことは強調しておく。「回る寿司」でも、今回と同じ額(1600円)を支払うことがあるのに、だ。

また、撮影に気をとられず味わうことに専念した環境も、その美味しさに大きく作用したように思う。写真には残らないけど、名店の流れを汲む確かな味をコスパ良く食べたい人、あるいは「すきやばし次郎」未体験の人にはぜひ行ってみてほしい店だ。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 すきやばし次郎 豊洲店
住所 東京都江東区豊洲4-10-1 102
時間 月~土曜日 11:15〜(25食限定)17:30~20:00 / 日曜日 11:30~13:00
休日 水曜日

Report:ショーン
Photo:RocketNews24.

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
モスバーガー「買ってはいけない商品」5選!大不評で逆に話題、コスパ最悪、温度ぬるい
新千歳空港と札幌の間にある穴場回転寿司『海転寿司シーランド』が北海道最強コスパ
令和カラーのスイーツもお目見え♩スイスホテル南海大阪、夏のブッフェは爽やかでカワイイ「パステル」がテーマ♡
PLAZAの心ときめく輸入菓子5選。可愛すぎる限定ケースも
二股交際で話題になった園山真希絵 現在は意外な人とコラボ、“汚料理”も健在?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加