ソフトB3連勝で貯金最多32 千賀が育成出身初2年連続2桁勝利 日本ハムは借金32

ソフトB3連勝で貯金最多32 千賀が育成出身初2年連続2桁勝利 日本ハムは借金32

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/13

◇パ・リーグ ソフトバンク1―0日本ハム(2017年8月12日 ヤフオクD)

No image

<ソ・日>5回、好守備した中村晃(右)を出迎える千賀

首位のソフトバンクが日本ハムとの息詰まる投手戦を制し3連勝。貯金を今季最多の32とした。

1、2回と得点圏に走者を進めながら無得点に終わった打線は3回、2死一、二塁からデスパイネの中前打で先制した。

この1点を、4投手の完封リレーで守り切った。先発の千賀は、1点リードして迎えた7回2死から連打を浴び一、二塁とされたが、西川を二ゴロに仕留めてピンチ脱出。8回以降は岩崎、モイネロ、サファテと無失点でつないだ。千賀は10勝目。育成ドラフト入団選手では初の2年連続2桁勝利となった。

日本ハムは先発の上沢が7回5安打1失点と好投も、打線が援護できなかった。チームは5連敗とし、借金は今季最多の32。ここまで11試合連続安打を記録していた大谷は4打数無安打、3三振に終わった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DeNA前球団社長・池田純氏、Bリーグ川崎を友好的買収へ!
藤浪「申し訳ない」  復帰戦7四死球...異例の“タオル投入”
【イップスの深層】サイドスロー転向の一二三慎太が見せた甲子園の奇跡
広陵が強豪対決制し3回戦へ 秀岳館は日本一ならず、鍛治舎監督最後の夏終わる
プロも騒然。広陵・中村奨成への7つの質問から探る「捕手の資質」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加