V8エンジン+デュアルモーターで1150馬力!怪物ハイブリッドカー『FXE』の驚異的スペック

V8エンジン+デュアルモーターで1150馬力!怪物ハイブリッドカー『FXE』の驚異的スペック

  • DIGIMONO!
  • 更新日:2017/12/08
No image

掲載:d.365

高級スポーツカーでも採用が進みつつある、ガソリンエンジンと電動モーターを組み合わせたハイブリッド駆動システム。スタートダッシュ時などには電動モーターの力を借りることで、従来のガソリンエンジン車を上回るパフォーマンスを発揮できる。そんな流れがあるなか、米国では“これぞスーパーカー”といった装いのハイブリッドスポーツ車『FXE』が誕生した。

【詳細】他の写真はこちら

カリフォルニア州アーバインを拠点とするARIAが発表した『FXE』は、ベタベタに低く構えた流線型ボディに6.2リッターのスーパーチャージつきV8エンジンをミッドシップレイアウトで搭載。それだけでなく、フロント側にはデュアル電動アクスル(モーター一体型パワーユニット)も装備している。エンジンとモーターの最大出力は合計1150馬力にもなり、最大トルクは1316lbs.ft(1784.5/m.N)。最高時速は220マイル(時速約350km)で、静止状態から時速60マイル(0〜約97km/h)までの加速に要するタイムは3.1秒。そうそうお目にかかることのないスペックだ。

車体には10kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。7速デュアルクラッチトランスミッション採用のオートマ仕様と、マニュアルシフト仕様が用意されるとのこと。カーボンファイバー製のシャーシやボディには、3Dプリントされた金属部品が組み合わされている。

魅力的な車体デザインに先進的なスペックが盛り込まれた『FXE』だが、価格などの販売情報は今のところ公開されていない。ARIAはテスラやフォード、GM、そしてホンダやトヨタといった大手自動車メーカーとも共同開発プロジェクトを進めてきた実績のあるメーカーであり、車両の品質については期待できることだろう。

関連サイト
FXE(Aria)

text塚本直樹

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
加熱する小型SUV市場、メルセデス参入も当然か
豊田章男「生きるか死ぬか」瀬戸際の戦いが始まっている
仕掛け人が語る、ドコモがカーシェア参入のワケ
シャープっぽい! 空気清浄機とLEDシーリングライトを一体化したら何が良い?
高額紙幣廃止論のここがおかしい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加