【セントライト記念】初コンビ内田×プラチナ当たりの予感

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/15

【東西ドキュメント・栗東=14日】関東の内田が栗東に姿を見せた目的はセントライト記念で初コンビを組むプラチナヴォイスの追い切りに騎乗するためだった。

直線で内にささるとあって右目の側だけブリンカーを装着。CWコースの併走追いはペースメーカーとなった3歳未勝利のマイギフトを4角で“パス”。直線は2馬身のリードを保ったままフィニッシュ。内田の着眼点はここだった。

「4角で並びかけようとしたら一気にギアが入っちゃう。そこで脚を使い切っちゃうんだろうね。併せ馬にならなかったでしょ」

名手は初めてまたがって同馬の特徴を見抜くのだからさすがだ。その証拠に鮫島師は「4角で仕掛けたらダメなんだ。そこをフワッと乗ってもらいたいよね」とリクエストしている。

レースのイメージが湧いた?と問うと内田は「癖のある馬はたくさん乗ってきたから大丈夫」と笑ってから「4角では“まだ仕掛けなくていいんだよ”と促しながらだろうね」との返事。ペンを手にする菱田はこの起用が当たるように思えてきた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
TOKIO城島&山口が再び“幻の魚”捕獲 “釣り名人”嵐・大野もぼう然「これはすごすぎる...」
香取慎吾&草なぎ剛、ネット掲載オフショットが話題
安室奈美恵、引退美談の裏に隠された“苦しい”事情とは? 精神的に追い込まれていた可能性も
キンタロー。が夫をGPS監視しながら送ったLINEが怖すぎる!
生き延びた猫ちゃんに涙......! 絶望的な場所に落ちた子猫を9日間かけて助け出した両親の諦めない心に感動の声集まる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加