韓国メディアがハリルJを「無気力」と酷評 大量失点に「守備が“焦土化”」の声も

韓国メディアがハリルJを「無気力」と酷評 大量失点に「守備が“焦土化”」の声も

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/11/12
No image

日本の完敗に“刺激的”な見出しが躍る 「“サンバサッカー”を止められなかった」

日本代表が10日に行われたブラジル代表との国際親善試合に1-3で敗れた。パリ・サンジェルマンのFWネイマール擁する王国と日本との対戦を、韓国メディアも多角的に報じている。

各メディアの論調で多かったのは、「ネイマール、マルセロ、ガブリエル・ジェズスの3ゴール」と「日本の守備の崩壊」で、見出しの文字はかなり刺激的だった。

「ネイマール、マルセロ、ジェズスがゴール、サムライ軍団が“焦土化”」(スポーツ総合サイト「スポーツQ」)

「“サンバサッカー”を止められなかった……日本、ブラジルに1-3で完敗」(地元紙「国際新聞」)

スポーツ紙「スポーツ韓国」は「ブラジルの壁を超えることはできなかった。前半戦で崩れたあと、終盤で反撃を開始したが、一枚上手のブラジルはそう簡単に崩れることはなかった」と伝え、その実力差について強調していた。

スポーツ総合サイト「スポータルコリア」も「“守備が焦土化”日本、ブラジルに1-3で敗れる。3年ぶりに完敗」との見出しで、「日本の欧州遠征は無気力だった。ブラジルの猛攻の前に守備は崩れた。日本は後半、中盤でボールを支配するシーンも多くみられたが、組織的なプレスの前に苦戦した。果敢な前線へのパスも見られなかった」と報じていた。

VARにも言及「ビデオ判定が流れを変えた」

また、日本の大量失点はアシスタント・ビデオ・レフェリー(VAR)がきっかけになったと伝えるメディアもあった。前出の「スポーツ韓国」は、「親善試合に登場したビデオ判定、それにかかった日本の“ファウル”」との見出しで、今回導入されたビデオ判定について触れた。

同紙は「前半10分に均衡が破れた。吉田麻也がペナルティエリア内でフェルナンジーニョを倒してしまい、それがビデオ判定となった。結局、PKを献上し、ネイマールがそれを成功させた」と一連の流れを説明し、「明確な実力の差があるなかで、先制点がいつどこで、どちらが決めるのかは、その後の試合展開を大きく左右するという意味では、ビデオ判定が流れを変えた」と伝えた。

確かに今まで経験したことのないビデオ判定で日本はリズムを狂わされた感じも否めないが、いずれにしてもブラジルとの実力差が、韓国メディアにとっては大きな関心事だったようだ。

【了】

金 明昱●文 text by Myung-wook Kim

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
メッシが先発外れたバルサ、ユーベとスコアレスも14季連続ベスト16進出(16枚)
なぜ平然とハンド? GKが仰天の珍プレーで一発退場、海外唖然「ばかげている」
インテルの社長がPUBGをプレイ、そこでまさかの......
10歳ボールボーイに暴行の衝撃...乱闘勃発 世界で波紋「醜悪」「言い訳無用のタックル」
豪華すぎる「W杯欠場オールスター11人」 大会公式ファン投票...香川や岡崎の同僚選出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加