安美錦、2年ぶり連勝発進「浮かれている暇はない」

安美錦、2年ぶり連勝発進「浮かれている暇はない」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/13
No image

輝(左)をはたき込みで破り2連勝の安美錦(撮影・岡本肇)

<大相撲九州場所>◇2日目◇13日◇福岡国際センター

西前頭13枚目の安美錦(39=伊勢ケ浜)が2年ぶりに連勝発進した。

西前頭12枚目の輝(23=高田川)をはたき込んで、幕内では15年秋場所以来の2連勝スタートを切った。「今日は的がデカイからね。当たって、右を使って攻めようと思ったが、はたき込みは体が動いた。良かったんじゃないですか」と笑みを浮かべた。

初日は、8場所ぶりに帰ってきた幕内の土俵で白星を挙げると、NHKのインタビュー室に呼ばれた。その際には目が潤んでいた。

「泣いたような感じでしゃべるからって言っていたんだ。好感度を上げるためにね」とおどけたが「感極まってましたけどね」と認めた。

だが、2日目はさすがに涙はない。初日の取組後に家族と連絡を取ったことも認めたが「いつも通り。まだ始まったばかりだし、浮かれている暇はない。毎日毎日、やるだけです」としっかりと前だけを見つめていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
貴乃花親方なぜだ 診断書作成の医師“反論”重傷じゃない...出場できた貴ノ岩
通称「モンゴル銀行」? 日馬富士がビール瓶暴行の“モンゴル力士会”に、八百長説も......
ビートたけしが目撃した相撲部屋の実状を激白 「大鵬も半端じゃないと言ってた」
貴乃花親方 日馬富士側を提訴も 前代未聞!元横綱が現役横綱を
モンゴルで憧れの“横綱”相撲界イメージ悪化を懸念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加