GM、新プラットフォーム開発...燃料電池の自動運転軍用車を実用化へ

GM、新プラットフォーム開発...燃料電池の自動運転軍用車を実用化へ

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/13
No image

GMが新開発したSURUS

もっと画像を見る
GMは10月13日、水素燃料電池技術による自動運転車両の実用化に向けて、新開発した軍用にも対応できるプラットフォームを初公開した。

この新プラットフォームは、「SURUS」(サイレント・ユーティリティ・ローバー・ユニバーサル・スーパーストラクチャー)と命名。自動運転技術を組み込んだ水素燃料電池プラットフォームで、GMは商業用途のほか、軍事利用での活用も見込む。

SURUSのメリットには、動作音が静かで臭いも発しないといった点や、オフロードの走破性に優れていること、さまざまな地形に対応できること、大トルクを瞬時に発揮できること、出力性能が高いこと、発生するのは水のみということ、そして燃料の充填時間が短いといった点がある。

SURUSが軍用車に適しているのは、高度な自動運転車両を実現させるとともに、検知予測不能な場所での俊敏な走りを可能にしているなどの理由による。また先導、後続で複数の車両を走らせれば、マンパワーを削減することもできる。

さらに、システムの発熱量と動作音が小さいことから、将来の潜在的な軍事用途として、相手に発見されにくくリスクを低減する、といったメリットも備える。米国陸軍戦車・車両研究開発技術センターは、商業利用を目的としたSURUSのコンセプトについて、GMと議論を重ね、燃料電池の将来的な軍事利用の可能性を評価するため、今後さらに協力の幅を広げていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
国立天文台が作った「宇宙の広さを体感できる映像」がスゴい!!
あおり運転の記録を残せる、1台のカメラで360度撮影できるドラレコ
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! 折りたたみPCスタンドや600円台のVRゴーグルが登場
オートバックスセブンが360度全方位を撮影・記録・表示できるドラレコ『PIXYDA PDR600SV』を発売
お金をかけず本格的なARやVRを楽しめるエレコム『JC-VRR02VBK』で遊んでみた!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加