【神のイタズラ】Googleで「漫画太郎」と検索してはいけないたった1つの理由

【神のイタズラ】Googleで「漫画太郎」と検索してはいけないたった1つの理由

  • ロケットニュース24
  • 更新日:2017/10/13
No image

1980年代から90年代にかけてのいわゆる「少年ジャンプ黄金期」に、一際異彩を放っていた漫画家がいる。そう、漫☆画太郎(まん がたろう)先生である。ギャグ漫画『珍遊記』が爆発的な人気を集め、第1巻は近所の本屋で売り切れ続出。幻のコミックとなったことをご記憶の方も多いハズだ。

現在でも、2017年4月まで「月間コミックバンチ」で連載を続け、超人気ロックバンド「マキシマムザホルモン」のCDジャケットを手掛けるなど、精力的に活動されている漫☆画太郎先生。だがしかし……間違ってもGoogleで「漫画太郎」と検索してはいけない。

・検索してはいけない理由

まずは「漫画太郎」とGoogle検索してはいけない理由から明かしてしまおう。実はGoogleで「漫画太郎」と検索すると、明らかに違う人物の画像が表示されてしまうのだ。2017年10月現在、アカの他人の顔がヒットするので勘違いをしないためにも検索してはならない。

そもそも漫☆画太郎先生に限らず、漫画家の多くの先生はあまり素顔が知られていないものだ。ファンならばご尊顔を拝みたいがためにネットで調べることもあるとは思うが「正確な情報なのか?」「間違った情報なのか?」が漫画家の先生の場合、判断しにくい。

さて、問題の「漫画太郎」のGoogle検索結果だが、ロン毛の男の画像が表示される。「へぇー、漫☆画太郎先生ってロン毛なんだー」と思うことなかれ。

よく見ると……。

No image

よーく見ると……!

No image

よーくよーーーーーく見ると…………!!

No image

俺だ。P.K.サンジュンだ。

No image

実はコレ、2016年4月にキリンが展開した「漫☆画太郎先生風のアイコンメーカー」キャンペーンを執筆した際に、私が撮影したものである。どこでどうGoogleが勘違いしてしまったのか、なぜか私が漫☆画太郎先生本人のようになってしまっているではないか……。喜びMAXだが心苦しさもハンパない。

No image

……と同時に、インターネット界の神・Google様が、私を漫☆画太郎先生のアイコンにしてくれたことも素直に光栄だ。もしかしたら神様のイタズラなのかもしれないが、“その人” は漫☆画太郎先生ではないので、絶対にGoogleで「漫画太郎」と検索してはいけないぞ。

参照元:Google
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24、Screenshot:Google

▼読者の方に教えていただきました。情報提供ありがとうございます。

No image

@sanjun27 漫☆画太郎さんを検索したら写真が出てきて、ロン毛でこんな顔してるんだ初めて観たと思っていたら、サンジュンさんでした。。
— タップ (@watanabetty)
October 11, 2017
from Twitter

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マネージャーを8年間で14人交代させた、菜々緒の本当の性格
元SMAP・香取慎吾のイベントに、ついに飯島三智マネジャーが現れた!「異常な拒絶反応でキレまくり......」
菊地亜美の近影にファン騒然 衣装かぶりより深刻な「問題点」が発覚
16歳で出産した女子高生、整形女性器公開に続き“アナルプレイ”配信! 「最悪のリアリティスター」の声
花田優一の上から目線に「たった2年半の修行で人生を語るな」のブーイング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加