バッハ会長と会談 小池氏「今月中に答え」

バッハ会長と会談 小池氏「今月中に答え」

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/18
No image

2020年東京オリンピック・パラリンピックについて、東京都の小池知事は18日、IOC(=国際オリンピック委員会)のバッハ会長と会談し、会場計画の見直しなどについて意見交換を行った。

会談は18日午後2時過ぎから東京都庁で行われた。

小池知事「私のサポートをしている、東京都政の調査チームが分析をし、五輪の会場について3つの会場をピックアップしてチェックしてくれました」

バッハ会長「東京が開催都市として選ばれた後に、競争のルールを変えないことこそ、日本にとっても、東京にとっても、IOCにとっても理にかなっている」「この大原則を守ることによって、一緒に東京2020の予算コストを見直し、さらに実行可能なものにしていけるよう考えていけると思います」

会談後、バッハ会長は-。

バッハ会長「(Qあくまで現行計画の中でコスト削減をしようという提案と捉えていいか)きょうの会合でいくつかの原則について述べた。東京にとっても日本にとっても、それらの原則の中で大会を運営することが必ずや利益につながる。原則の中で五輪をもっと実行可能な形にする方法を模索することが可能だと思う」

会場計画の見直しについてバッハ会長は「原則の中で行うべき」と繰り返し述べた上で、コストを削減するためIOCと東京都、日本政府、大会組織委員会の4者による作業部会の設置を提案した。

一方の小池知事は、会場計画を見直すかどうか判断する時期について、「スピード感を持って取り組む。今月中に答えを出す」と話した。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
電通、ドンキ、佐川、仁和寺・・・「ブラック企業大賞」ノミネート10社発表
首絞められ?22歳女性が死亡 祖母の行方わからず...
福島から避難 教諭が児童を「菌」と発言
大学ブランドランキング九州編、1位の九州大学に続いたのは?
狂乱のASKA逮捕劇! その裏で、NHKクルーが怪しげな行動......「一目散に現場を離れていった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加