ドルトムント、バルサ移籍報道のデンベレの処分延長を発表

ドルトムント、バルサ移籍報道のデンベレの処分延長を発表

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/08/14
No image

ドルトムントは13日、フランス代表MFウスマン・デンベレに引き続き活動停止処分を科すことを発表した。なお、個人トレーニングをすることは許されている。

バルセロナ移籍の可能性が報じられていた20歳MFは、10日に行われた練習を無許可で欠席。ドイツ『キッカー』によると、ピーター・ボス監督は「今朝から彼がいないんだ。正直に言って、その理由が分からない」と話すなど、デンベレとは音信不通の状態だった。

これを受けて、ハンス・ヨアヒム・バツケCEOとミヒャエル・ツォルクSD、ボス監督で協議した結果、「この不正行為に当然の制裁を加える」として、13日までのトレーニングへの出場停止処分を科していた。

だが、今回の声明で処分延長を発表し、最後には「ドルトムントは、この声明を除き、この問題に関してこれ以上コメントはしない」と強調している。

●ブンデスリーガ2017-18特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
長友、移籍決断の内田にエール「応援したい」...吉田は「Good luck」
Cロナウドが怒り爆発。退場時スタンドめがけ「そうやってお前らは...」
関根のデビューからわずか2日...インゴルシュタット、開幕3連敗で監督解任
バルサがネイマールを訴える! 契約不履行で12億円支払いを要求
神戸ポドルスキが意外な動物と笑顔で2ショット 浜辺で「新しい友達と日光浴」に反響
  • このエントリーをはてなブックマークに追加