台風第18号、17日には九州上陸のおそれ 鹿児島地方気象台

  • 西日本新聞
  • 更新日:2017/09/15

鹿児島地方気象台は15日午前6時40分、台風18号に関する鹿児島県(奄美地方を除く)気象情報第1号を発表。

非常に強い台風18号は、午前3時には東シナ海にあって、ゆっくりした速さで北へ進んでいる。台風は、非常に強い勢力を維持したまま、やや東よりに進路を変え、16日には九州に接近、17日には上陸するおそれがある。

台風が予報円の中心を進んだ場合、風速15メートル以上の強風域、風速25メートル以上の暴風域に入るタイミングは以下のとおり。(15日午前3時現在の予想)

強風域入  暴風域入

薩摩地方      16日朝  16日夜のはじめ頃

大隅地方      16日昼前 17日午前

種子島・屋久島地方 16日朝  16日夜のはじめ頃

16日は、沿岸の海域ではうねりを伴い、猛烈なしけとなる見込み。台風の北上に伴い、九州南部付近に停滞する前線の活動が次第に活発となり、薩摩・大隅地方、種子島・屋久島地方では、16日にかけて局地的に雷を伴い、非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがある。また、落雷や竜巻などの激しい突風のおそれがある。

=2017/09/15 西日本新聞=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世界の海上保安官が東京で初の飲み会?→”例の国”への対応です
関東の空に虹色の雲が出現!
AV出演50回以上の消防士 同僚がサンプル見て発覚
ゲームを邪魔され激高?母親の目の前で父親“刺す”
川で不明の男の子 見つかるも心肺停止 千葉・柏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加