伝統の牝馬重賞、距離短縮後は出世レースに/京都牝馬S展望

伝統の牝馬重賞、距離短縮後は出世レースに/京都牝馬S展望

  • netkeiba.com
  • 更新日:2018/02/15
No image

前走の勝ち時計は開催ナンバーワンだったデアレガーロに注目(撮影:下野雄規)

一昨年から1400mに距離短縮されて、時期も冬の京都の最終週に移された。これによって名称は同じながら、レースの性格は大きく変わることになった。

条件変更初年度の一昨年は、クイーンズリング、マジックタイムが1-2着。クイーンズリングは秋にエリザベス女王杯を勝って、マジックタイムはマイル重賞を2勝。昨年の勝ち馬レッツゴードンキもその年のスプリントGIで2着2回と活躍した。それ以前とはうってかわって出世レースの色合いが強まっている。

1.4歳世代が圧倒的

条件変更前を含む過去10年で、4歳馬が7勝という好成績を収めている。以下、5歳が2勝で6歳が1勝で、「若ければ若いほど成績が良い」という傾向になっている。

2.持続力が要求される

連続開催の最終週ということもあって、1400という距離以上にスタミナを要求される。距離短縮以降の2年間、前走で1400m以下の距離を使われていた馬は19頭いたが、連対したのは1頭のみ。

3.冬場の牝馬戦は調子を重視

牝馬は夏に強いと言われるのと対照的に、冬場はなかなか調子が上がらないのが通例だ。前走で凡走した馬の巻き返しは簡単ではない。条件変更後の2年間、1-3着馬6頭のうち5頭は前走で連対を果たしていた。唯一の例外のクイーンズリングは、前走8着とは言えエリザベス女王杯で0.3秒差だった。

デアレガーロはマイル以下の距離を使われるようになってから折り合いの不安が解消、持てる能力をレースで発揮できるようになった。前走は準オープンではあるが、勝ち時計はターコイズSを上回る開催ナンバーワンだった。兄姉に短距離重賞での活躍馬が多数いるスピード豊富な血統で、距離短縮もプラスに働くことが期待される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
2043年生まれの未来人、第三次世界大戦が始まると警告!その発端は・・・
辺見えみり、再び離婚報道で「別れて正解」と夫に同情の声
花田優一 妹を溺愛 一緒に風呂も「チューも」
「時代は終わった」「ほんと性格悪い」人気者の座から転落した、“嫌われ”芸能人3組
東京マラソン、キリストの人出場不能になっていた衝撃の理由は・・・
  • このエントリーをはてなブックマークに追加