最新ランキングをチェックしよう
次世代光デバイスの実現に期待 - 物質中で光の情報を制御する現象を発見

次世代光デバイスの実現に期待 - 物質中で光の情報を制御する現象を発見

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/13

東京大学(東大)は、二硫化モリブデン(MoS2)の単層を用いて、入射光の偏光情報を保った励起子を伝達し、選択的に空間分離することが可能な現象(励起子ホール効果)を発見したと発表した。

同成果は、東京大学大学院工学系研究科附属量子相エレクトロニクス研究センターの岩佐義宏 教授、同研究科附属量子相エレクトロニクス研究センターの井手上敏也 助教、同研究科物理工学専攻の恩河大氏らの研究グループと、大阪大

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東大、割れても直る「自己修復ガラス」の開発に成功
割れても直る“自己修復ガラス”、東大が開発
木曜深夜にNASAが超重大・緊急発表!! 「ケプラー宇宙望遠鏡」が宇宙人のメッセージ受信、AIが解読成功の歴史的快挙か!?
GoogleのディープラーニングがNASAに貢献、太陽系外にある新たな2つの惑星を発見!
なぜ300億円以上の天体望遠鏡を宇宙に置くのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加