“胴上げ投手”サファテにリフレッシュ休暇、工藤監督「しばらく休ませます」

“胴上げ投手”サファテにリフレッシュ休暇、工藤監督「しばらく休ませます」

  • フルカウント
  • 更新日:2017/09/17
No image

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】

札幌遠征には同行せず、23日本拠地楽天戦から復帰予定

16日の西武戦(メットライフ)で2年ぶりの優勝を決めたソフトバンクの工藤公康監督が、守護神のデニス・サファテ投手に数日間の休養を与える方針を明らかにした。

リーグ制覇から一夜明け、17日もメットライフドームで西武とデーゲームを戦うソフトバンク。この日の試合前、選手が練習をおこなっているグラウンドへと姿を見せた指揮官は「ちょっと、サファテはしばらく休ませます。登録は抹消しないですけど、(札幌への)遠征には行かないでゆっくりさせて、(楽天戦が行われる23日の)ヤフオクDから、ですね」と語った。この日の試合ではベンチ入りもしなかった。

今季、シーズン最多セーブ記録を更新したサファテ。前人未到の51セーブをマークしており、優勝を決めた16日の試合では6点リードの9回に登板。2点を失ったものの、胴上げ投手となった。ここまで63試合に投げており、優勝を決めたことで、リフレッシュ休暇を与えることになった。また、工藤監督は、ここまで68試合に登板している岩嵜については「岩嵜くんはそのまま投げます」とした。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
松井秀喜氏、特別インタビュー(下) 高木京に贈る言葉、そして自身の今後
相手に重圧を与える代走の切り札の存在 意思統一された広島の走塁
日本ハム大谷うなる剛速球、デスパイネに162キロ
「落ち着いて」...本塁打後に全力疾走の強打者、投手に制されスローダウン!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加