トットナム、ユーベとドロー 敵地で執念、2点差追い付いた

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/15

◇欧州チャンピオンズリーグ・決勝T1回戦第1戦 トットナム2―2ユベントス(2018年2月13日)

決勝トーナメントが開幕し、13日に1回戦第1戦の2試合が行われた。トットナムは敵地で昨季準優勝のユベントスと2―2で引き分け。序盤に2失点したが、イングランド代表FWハリー・ケイン(24)の得点などで追いついた。マンチェスターCは敵地でバーゼル(スイス)に4―0と大勝。このカードの第2戦は3月7日に行われる。

トットナムはエースのケインが今季大会2位の7点目を決めた。2点を追う前半26、32分と元イタリア代表GKブッフォンの好守に阻まれていたが、同35分に裏へ抜け出して名守護神もかわし左足でゴール。後半にはデンマーク代表MFエリクセンが意表を突く低いFK弾を決めた。敵地でボール保持率67%と主導権を握り、2点差を追いついて価値あるドローに、ポチェッティーノ監督は「ここに来てユベントスを圧倒できるチームは、なかなかいない」と手応えを口にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「おれたちのチームにマリオがいる」 平昌五輪の米カーリングチームに「マリオ」そっくりな選手がいると話題に
まだまだ続く! 仮想通貨 ICOバブルの行方『NOAH COIN のICO』
なでしこ22歳FW、謎の「セクシーポーズ」反響 「なぜこんなことに...」と絶妙写真公開
高梨沙羅のバッチリメイク論争に一石 峰麻美が「今年一番の衝撃」写真
長友佑都の同僚が試合中に倒れて一時騒然。しかし、まさかのプレー続行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加