田沢、日本投手初の5年連続50試合登板 イチローは代打で空振り三振

田沢、日本投手初の5年連続50試合登板 イチローは代打で空振り三振

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/17

◇ナ・リーグ マーリンズ7―4ブルワーズ(2017年9月16日 ミルウォーキー)

No image

マーリンズのイチロー (AP)

マーリンズの田沢純一投手(31)は16日(日本時間17日)のブルワーズ戦に2番手の投手として登板し、1/3回を投げて1安打無失点の内容で今季8ホールド目をマークした。田沢はこの試合で、日本投手初となる5年連続50試合登板を果たした。イチロー外野手(43)は代打で起用されたが、空振り三振。その後の守備には就かず、この日は1打数無安打だった。

中1日の田沢は6―3とチームがリードの6回、2死一塁の場面でマウンドへ。内野安打と四球で満塁のピンチを迎えたが、1番・ペレスを右飛に打ち取り、ホームを踏ませなかった。

イチローはその裏に田沢の代打として打席に立ち、ブルワーズの4番手・ドレイクと対戦。2死二塁の好機だったが、フルカウントとなり、最後はスプリットにバットが空を切った。

試合はマーリンズが7―4で勝利し、連敗を6で止めた。

▼田沢の話 先発ピッチャーが頑張っていたので何とか次につなげたかった。(日本投手初の5年連続50試合登板は)いろんな人たちに支えられてここまで来た。これからも少しでも多くの試合で投げたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
メッツ青木1安打も9回裏好機に倒れ最後の打者に
【MLB】メッツで輝く青木宣親、9月6度目マルチ! 移籍後19試合中18試合で出塁
56発スタントンを“本気”にさせたイチローの長打力 コーチが明かす秘話
ヤンキース V絶望的5差 ジャッジ47、48号も
レッズ・ファレル、父が監督のRソックス戦に登板 大リーグ史上初の親子対決
  • このエントリーをはてなブックマークに追加