iiyama PC、ディープラーニング向けの17.3型ノートPC

iiyama PC、ディープラーニング向けの17.3型ノートPC

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/09/18
No image

ユニットコムは9月18日、「iiyama PC」ブランドのディープラーニング専用シリーズ「DEEP∞」から、17.3型ノートPC「DEEP-17FG102-i7-VORVI」を発売した。BTOに対応し、標準構成価格は313,178円(税込)。

17.3型ディスプレイを備えるAI開発・ディープラーニング向けのノートPC。最新の開発環境がローカルで使える「NGC(NVIDIA GPU Cloud)」の設定サービスが付属する。OSはUbuntu16.04で、GPUドライバとNVIDIA Docker(Docker CE)の設定サービスが含まれており、マニュアルに従ってNGCへの登録や各コンテナをダウンロードするだけで、ディープラーニングの学習をはじめられる。ディスプレイは解像度1,920×1,080ドットの非光沢で、144Hzのリフレッシュレートに対応。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-8700(3.2GHz)、チップセットがIntel Z370、メモリがDDR4-2400 16GB(8GB×2)、ストレージが250GB M.2 NVMe SSD+1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce RTX 2080(8GB)。OSはUbuntu 16.04 LTS。

ネットワークは、Gigabit Ethernet対応有線LAN×1、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 5.0。インタフェースはUSB 3.1 Type-C×2(1基はThunderbolt 3兼用)、USB 3.0×4、HDMI×1、miniDisplayPort×2など。バッテリ駆動時間は約2.1時間。本体サイズはW418×D296×H41mm、重さは約4.35kg。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
北欧インテリアにもなじむイケアのUSB充電器。約2mのコードでどこでも気軽につかえるよ|マイ定番スタイル
プログラマーの給料が一番高い国はどこ?- 2019年版Stack Overflow、
IoTプラットフォーム「Riiiver」と連携するスマートウオッチ
さあどうなんだ。ドンキが放つ2万9800円のディスプレイ一体型PC「MONIPA」
三井化学が「タッチフォーカス」の販売システムを約半年で作った話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加