阪神が平均入場数トップ、楽天は前年比10%増

阪神が平均入場数トップ、楽天は前年比10%増

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/15
No image

大観衆の甲子園アルプススタンド(2017年5月23日撮影)

セ・パ両リーグは15日、14日までの球団別入場者数と平均試合時間を発表した。

セ・リーグの1試合平均は3万2624人で前年同期比1・5%増だった。球団別では最下位のヤクルトが4・2%増で、首位広島は2・8%増。巨人は1・6%減、中日はワーストの4・3%減だった。

パ・リーグの1試合平均は2万5788人で前年同期比0・2%増。球団別では楽天が10・2%増で、首位ソフトバンクは1%増、2位西武は4・6%増。オリックスが10・9%減で、最下位ロッテは6・3%減だった。

1試合平均入場数は、阪神の4万2401人が12球団トップになった。

各球団の1試合平均入場者数は以下の通り。

【セ・リーグ】

広島 3万639人(2・8%増)

阪神 4万2401人(2・6%増)

巨人 4万1281人(1・6%減)

DeNA 2万7858人(3・7%増)

中日 2万7663人(4・3%減)

ヤクルト 2万5866人(4・2%増)

【パ・リーグ】

ソフトバンク 3万5100人(1・0%増)

西武 2万3186人(4・6%増)

楽天 2万4998人(10・7%増)

オリックス 2万2409人(10・9%減)

日本ハム 2万8803人(1・7%増)

ロッテ 2万118人(6・3%減)

1試合平均試合時間は、9回終了試合で、セは前年のシーズン終了時と比較して3分短縮の3時間7分、パも3分短縮して3時間10分になった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
広島連覇のカギはスカウトにあり「絶対誠也がいい」
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
ソフトバンク・東浜を“鷹のエース”に這い上がらせた「過酷すぎる猛練習」
すごくハミ出てます...... “カープ女子” 菜乃花、リーグ優勝をギリギリビキニで祝福!
昨季はマツダでビールの売り子 STU48瀧野「本当に最高」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加