ラミレス監督「1日1日が勝負」完勝で2位阪神3差

ラミレス監督「1日1日が勝負」完勝で2位阪神3差

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15
No image

6回裏DeNA2死一塁、筒香(右)の中越え2点本塁打をベンチで出迎えるラミレス監督(撮影・加藤哉)

<DeNA8-2阪神>◇13日◇横浜

DeNAは投打がかみ合い2位阪神に完勝、ゲーム差を3に縮めた。

左肩機能不全が回復した浜口が1カ月ぶりに先発。直球の球威、フォークボール、チェンジアップの落差ともに十分で6回を1失点にまとめた。

打線も浜口を強力に援護。2回に倉本、桑原の連続適時二塁打で3点を奪うと、4、6回には筒香が今季初となる2打席連続本塁打を放った。アレックス・ラミレス監督(42)のコメント。

「1日1日が勝負になってくる中、最も安定している1人である浜口がローテに戻ってきてくれたのは大きい。5回100球がメドだったが、デキを見てそのまま打たせた。筒香は30発100打点。(クリアを)強く信じている」。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人宇佐美、阪神秋山が1号/18日プロ野球まとめ
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
中日ファン不満膨らみ誤発射続出?風船デーに大惨敗
DeNA・ラミレス監督、山崎康晃は「基本的に使わないことにしていた」
ラミレス監督悔し砂田サヨナラ被弾...山崎康は休養日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加