「ハリポタ」プロデューサー、中国資本で「ウォーリアーズ」映画化

「ハリポタ」プロデューサー、中国資本で「ウォーリアーズ」映画化

  • 映画.com
  • 更新日:2016/12/01
No image

人気プロデューサー、デビッド・ハイマン

「ハリー・ポッター」シリーズや「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を手掛ける人気プロデューサー、デビッド・ハイマンが、中国のアリババ・ピクチャーズが製作する「ウォーリアーズ」をプロデュースすることになったと、Deadlineが報じた。

「ウォーリアーズ」は、英作家エリン・ハンターによるファンタジー小説シリーズで、森に住む野生の猫たちの生活を描く。2003年に発売されてから35の言語に翻訳されており、世界で累計3000万部の売り上げを誇る人気シリーズだ。

ジャック・マー率いる中国のアリババ・ピクチャーズは昨年10月、同シリーズの映画化権を獲得。そしてこのほど、「ハリー・ポッター」シリーズのハイマンをプロデューサーとして迎えたと発表した。

ハイマンは、「ハリー・ポッター」シリーズのほかに、「ゼロ・グラビティ」「アイ・アム・レジェンド」「パディントン」などを手掛けるヒットメーカー。中国資本のもと、同シリーズをどのような作品に仕上げてくるのかに注目が集まる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
12月8日の注目映画第1位は『無限の住人』
「進撃の巨人」舞台化決定 立体機動装置など五感をフルに活用したステージに
take135「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」
【報ステ】悠仁さま、今年も信号機の模型を出品
『進撃の巨人』初の舞台化が決定 来夏上演「楽しみにして!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加