中村俊輔が絶妙FKで2アシスト!G大阪を零封し、磐田が6位に浮上

中村俊輔が絶妙FKで2アシスト!G大阪を零封し、磐田が6位に浮上

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/08/13
No image

中村(10番)は献身的に走り、守備でも貢献した。写真:川本学

[J1リーグ22節]G大阪0-2磐田/8月13日/吹田S

J1リーグ22節のG大阪対磐田が13日、市立吹田サッカースタジアムで行なわれ、磐田が2-0で勝利した。

ひと際輝いたのが、中村俊輔だ。磐田の2ゴールは、いずれも背番号10のFKから生まれた。19分には、左サイドから鋭いクロスを送り、大井健太郎の先制点を演出。73分には、右サイドから絶妙にコントロールされた浮き球クロスで、アダイウトンの追加点をアシストした。

磐田は守っても全員が献身的に身体を張ってゴールを許さず。2-0のまま90分を戦い抜き、アウェーで会心の勝点3を獲得した。これで磐田は勝点38とし、同36のG大阪を抜いて6位に浮上した。

一方のG大阪は、立ち上がりに流麗なコンビネーションから倉田秋が絶好のチャンスを迎えた。また、新加入のファン・ウィジョもポスト直撃の強烈なシュートを放ち、アディショナルタイムには長沢駿が決定的なヘッドを見舞っている。結局、1点も取れなかったが、個々の能力の高さや攻撃の迫力は見せたと言えるだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「いつも通り」が好調の証...抜群の存在感を示し始めたMF家長昭博
家長への指摘に小林が「それはない」と熱く反論 「川崎で一番走り、誰よりもスプリントする」
花咲徳栄高の甲子園初優勝に、埼玉出身の浦和FWオナイウ阿道「相乗効果を生みたい」
川崎Fが到達した新境地。クラブ史上初のACLベスト4へ、中村憲剛の確かな手応え
【浦和】なぜ川崎に敗れたのか?指揮官が語った敗因は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加