最新ランキングをチェックしよう
人工知能でがん治療の精度アップ 国立がん研など新システム開発へ

人工知能でがん治療の精度アップ 国立がん研など新システム開発へ

  • ITmedia
  • 更新日:2016/11/29

国立がん研究センターと産業技術総合研究所(産総研)人工知能研究センターなどは11月29日、人工知能(AI)技術を活用し、がんの診断や治療の精度を上げる「総合的がん医療システム」の開発を始めると発表した。2021年ごろをめどに、患者ごとに最適化した治療の実現を目指す。
プロジェクトの概要
国立がん研究センターが蓄積している膨大ながん患者の臨床データ、遺伝情報などを総合的に解析するAI技術を、AI関連

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
クジラはごく最近急激に大きくなった、その理由とは?
なぜ50歳女性が駅で一晩過ごさなければならなかったのか
火星画像に「完璧な円盤型UFO」が写り込む! しかしNASAは“不可解すぎる理由”で削除...深まる謎!
学術論文の無料ダウンロードを可能にする「Sci-Hub」が約17億円の賠償金を命じられる
AIがディープラーニングで生成した絵がクセになる美しさ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加