最新ランキングをチェックしよう
人工知能でがん治療の精度アップ 国立がん研など新システム開発へ

人工知能でがん治療の精度アップ 国立がん研など新システム開発へ

  • ITmedia
  • 更新日:2016/11/29

国立がん研究センターと産業技術総合研究所(産総研)人工知能研究センターなどは11月29日、人工知能(AI)技術を活用し、がんの診断や治療の精度を上げる「総合的がん医療システム」の開発を始めると発表した。2021年ごろをめどに、患者ごとに最適化した治療の実現を目指す。
プロジェクトの概要
国立がん研究センターが蓄積している膨大ながん患者の臨床データ、遺伝情報などを総合的に解析するAI技術を、AI関連

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
気象予測を10分ごとに更新 より正確な予報を可能に
16世紀にメキシコのアステカ文明を壊滅的な状況に追い込んだ伝染病の実態が「死者の歯」から浮き彫りに
イプシロン打ち上げ成功 民間衛星“驚きの性能”
日本初、保険適用の「医療アプリ」が世界の救急現場を変える
中国の科学者チームは宇宙に漂う「宇宙ゴミ」を巨大なレーザー砲で破壊する可能性を模索
  • このエントリーをはてなブックマークに追加