最新ランキングをチェックしよう
人工知能でがん治療の精度アップ 国立がん研など新システム開発へ

人工知能でがん治療の精度アップ 国立がん研など新システム開発へ

  • ITmedia
  • 更新日:2016/11/29

国立がん研究センターと産業技術総合研究所(産総研)人工知能研究センターなどは11月29日、人工知能(AI)技術を活用し、がんの診断や治療の精度を上げる「総合的がん医療システム」の開発を始めると発表した。2021年ごろをめどに、患者ごとに最適化した治療の実現を目指す。
プロジェクトの概要
国立がん研究センターが蓄積している膨大ながん患者の臨床データ、遺伝情報などを総合的に解析するAI技術を、AI関連

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ネットからノーベル賞を期待する声続々!韓国の研究チームが新たな脱毛治療物資を開発=「ノーベル賞級の発明」「かつら業界は戦々恐々」―韓国ネット
世界史に「千葉時代(チバニアン)」爆誕へ、でも喜べない! 次のポールシフトで地球文明のガチ崩壊も... 恐すぎる大惨事予想4選
人類史上初「頭部移植」に成功したと発表される!
2018年は「巨大地震頻発」の年に、地球物理学者らが警告
精子と卵子の受精は無作為に行われているのではない可能性を示す研究が登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加