前半洛北に苦戦も、後半したたかに4得点。京都橘が強さ示して全国王手:京都

前半洛北に苦戦も、後半したたかに4得点。京都橘が強さ示して全国王手:京都

  • ゲキサカ
  • 更新日:2019/05/26
No image

[5.25 インターハイ京都府予選準決勝 京都橘高 4-0 洛北高 太陽が丘球技場B]

京都橘が日本一への第一関門突破まであと一勝――。令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)京都府予選準決勝が25日に行われ、府新人戦優勝の京都橘高が後半の4得点によって4-0で洛北高に快勝。京都橘は6月2日の決勝で東山高と戦う。

前評判高い京都橘が、強さを示して決勝へ駒を進めた。前半は11度目の全国出場を狙う洛北ペース。京都橘は大型FW河野未沙希(3年)やハイサイドへのロングボールを徹底する洛北に押し込まれてしまう。浮き球の処理を誤って連続攻撃を食らったり、MF長元真夢(3年)に中央突破を許すシーンもあった。

また、洛北は失ったボールをファウル覚悟で距離を詰め、取り返しに来る迫力あるディフェンス。出足の良いDF伊藤颯真(3年)らが球際での強さを見せていた。京都橘はFW梅津倖風(3年)が前線でよく身体を張るなど押し返し、17分には右サイドを崩してMF佐藤陽太主将(3年)がフィニッシュするシーンもあったが、思うようにボールを繋ぐことができない。気温34度予想のこの日、5月で早くもクーリングブレイクが導入。その中断後も、洛北はパワーのあるサッカーを継続し、相手に流れを渡さない。

だが、33分にカウンターから洛北MF山嵜洸太朗(3年)が抜け出しかけたシーンを「一番後ろの真ん中は全部が見えるので、自分から発信してコーチングして全体を動かして守備の面で強く行けたらなと思います」というDF藤橋怜士(3年)が一発で止めて見せるなど、京都橘は3バック中心に粘り強い守り。0-0のまま前半を折り返す。

洛北は後半開始から河野らに代え、FW豊坂逸希(3年)ら技巧派のアタッカー3枚を投入して勝負に出た。だが後半、意識的にボールを繋いで攻めた京都橘が、したたかに難敵を攻略して見せる。

まずは7分、左WB高木大輝(3年)の左CKをファーサイドのU-17日本代表候補MF西野太陽(2年)が豪快に叩きつけて先制ヘッド。期待の2年生10番のゴールでスコアを動かすと、10分には相手CKからのカウンターで高木とMF田中慶吾(3年)が右サイドを攻略する。最後は田中のラストパスを最前線まで駆け上がった佐藤が1タッチで決めて2-0とした。

劣勢の前半を凌ぎ、後半の連続得点で見事に畳み掛けた。米澤一成監督が「精神的に成長したかなと思います」と評した京都橘はその後、佐藤中心にゲームをコントロール。26分には右サイドからボールを繋ぎ、佐藤を経由して受けたMF湊麟太郎(3年)が右足で加点する。

さらに40分には交代出場の1年生FW木原励が自ら獲得したPKを決めて4-0。また藤橋が「前半、苦しい場面もあったけれどそこも耐えれて、後半もそれを続けてできたのは良かったです。相手にシュート本数も全然無かったし、良かったです」と振り返ったように、納得の無失点で試合を終えた。

今年の京都橘は府新人戦で昨年3冠の東山高を6-1で倒し、春の船橋招待U-18大会でも強豪を連破して優勝。佐藤や高木、MF志知遼大(3年)のように下級生時から注目されてきた選手がいるほか、西野、梅津ら前線にも力のある選手の名が並ぶ。この日のように難しい試合でもセットプレーやカウンターから獲り切って勝つ強さもある。

目標はもちろん日本一だが、2年前のインターハイ8強を経験した選手は一人もいない。それだけに、米澤監督は「インターハイはオマエら初出場やぞ」と引き締め、決勝も「難しい試合になる。頑張ります」とコメント。佐藤も「今年の1、2、3年生はインターハイをまだ経験したことがないので経験できるように、まずは決勝戦をチーム全員で勝ちにいきたいです」。過信することなく目の前の試合に集中すること。大目標実現のために必ず全国切符を掴み取る。

(取材・文 吉田太郎)●【特設】高校総体2019

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
前田大然の武器は連発可能な加速力/輝く男たち連載
浦和FW興梠、レジェンド福田氏の記録に並ぶ劇的決勝弾 「冷静に決めるだけだった」
新生神戸でイニエスタV弾「チームの底力を信じる機会になった」、フィンク新監督もリーダーシップを大絶賛!!
イニエスタ、フィンク新監督へ白星贈る今季初弾
東京完封負け、久保の穴埋まらず 今季ホーム初黒星
  • このエントリーをはてなブックマークに追加