ニューイヤーSに一昨年以来のアデイインザライフやGI馬ダノンプラチナらが出走

ニューイヤーSに一昨年以来のアデイインザライフやGI馬ダノンプラチナらが出走

  • netkeiba.com
  • 更新日:2018/01/14
No image

新潟記念を制したアデイインザライフ(撮影:下野雄規)

14日の中山10R・ニューイヤーS(OP・芝1600m)は10頭と少頭数ながら、2014年の朝日杯FS(GI・芝1600m)を制したダノンプラチナ(牡6、美浦・国枝栄厩舎)や、2つの重賞タイトルを持つシュウジ(牡5、栗東・須貝尚介厩舎が出走の好メンバー。また、アデイインザライフ(牡7、美浦・萩原清厩舎)が石橋脩騎手を鞍上に迎え、2016年9月以来の実戦を迎える。

アデイインザライフは、2014年の春クラシック戦線でイスラボニータ・ワンアンドオンリーらと競った世代。3歳時から重賞で好走していたが、5歳となった2016年に本格化。3連勝で9月の新潟記念(GIII・芝2000m)を制し、それ以来の出走となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
広瀬すず「anone」視聴率急落はあの時の声のせい?
ももクロ有安杏果はハブられぼっちだった!? 異例中の異例の脱退「マスコミに媚を売り...」
小室哲哉「不貞騒動」でも妻・KEIKOに同情の声が少ない理由
「トイレに入ったら “ウンコよりヒドい物” が便器に残されてました」って画像
「関東連合」元幹部、“AV女優と交際”で恐喝未遂か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加