目指すは「腸内環境データベース」。宝石ほどの価値を便に見いだすベンチャーの狙いとは?

目指すは「腸内環境データベース」。宝石ほどの価値を便に見いだすベンチャーの狙いとは?

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2016/11/30
No image

お食事中の方、念のためお気をつけください。

健康を計るバロメーターはいろいろとありますが、その情報をたくさん持っているのが人の排泄物、便です。人前で話すのはやや憚れますが、人間にとって非常に重要な活動です。

その便をマジメに研究する、日本発の「便チャー企業」が、IBMのWebメディア、無限大(mugendai)で紹介されていました。

お腹の中の「腸内フローラ」。細菌の数は何と100兆個

慶應義塾大学特任准教授の福田真嗣さんは、腸内環境研究の第一人者。2015年3月に株式会社メタジェンを設立し、「最先端テクノロジーで腸内環境をデザインし、病気ゼロ社会を実現する」をミッションとして掲げています。

その福田さんが注目しているのが、食道や腸などの壁面にへばりついている細菌の集団「腸内細菌叢(そう)」というもの。顕微鏡で見るとまるでお花畑のように見えることから「腸内フローラ」とも呼ばれています。

No image

はたしてお花畑に見えるかは別として、特に大腸の管の中には一人あたり100兆個もの腸内細菌が存在しており、これは地球のすべての環境の中でも最高密度に菌が存在する場所なのだそう。

目指すは「腸内環境データベース」。72億人を便から健康に

腸内環境の研究が大事なことはわかりましたが、福田さんはベンチャー企業の経営者。これをどうビジネスに結びつけていくのでしょうか。

その答えが、腸内環境のデータベース化です。腸内にある細菌や遺伝子がどんな働きをしているのかを調べることで、病気の原因となる腸内細菌に効く薬や食品の開発を目指していくのだそうです。

福田さんは「健康に対する排泄物の重要性は宝石と同じほど」とも語り、唯一無二の研究で世界をリードすることを目指しています。

No image

「全人類72億人を便から健康にしたい」と大いなる野望を語る福田さん。他にも数々の興味深い話が掲載されたロングインタビューの続きは、無限大(mugendai)からお楽しみください。

source:無限大(mugendai)

(渡邊徹則)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
点滅する光を浴びせるだけでアルツハイマー病が治癒する可能性
ダークマター、従来説より「むらが少ない」 研究
トラウマ記憶を光操作によって消去 - 横市大などが技術開発に成功
細菌がジカウイルスを防ぐ?感染した蚊の体に起こった変化
がん細胞を破壊する『キラーT細胞』をiPS細胞で作ることに成功
  • このエントリーをはてなブックマークに追加