クリスマスの奇跡!水道水をスパークリングワインにする「Sparkling Gold」が登場

クリスマスの奇跡!水道水をスパークリングワインにする「Sparkling Gold」が登場

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/07
No image

ただの水をワインに変える! イエス・キリストの起こした奇跡を思わせる新商品が、欧州で話題となっている。

イスラエルに本拠を置くメーカー「SodaStream」は、ただの水道水を炭酸水に変換する家庭用ソーダメーカーを世界45か国で販売し、毎年何百万もの家庭に15億リットルの自家製炭酸水を提供、世界最大の飲料会社のひとつに成長している。

飲料業界のイノベーションを推進する同社は新興企業ではなく、100年以上の歴史がある。同社の公式サイトによれば、過去1世紀にわたり、世界中で65件の特許と198件の商標登録を含む知的財産ポートフォリオを構築し、成長と革新を続けてきた、とのこと。

ソーダメーカーは日本でも入手可能で、スターターキットは1万4000円。わずか数秒でいくらでも炭酸水を作ることができ、好みのシロップを入れればありとあらゆるタイプの炭酸ドリンクを楽しめる。

No image

さらに、ペットボトルやビン、缶が不要となるため、リサイクルに要するエネルギーやガスが削減され、環境にも貢献できる。シロップを用いた場合、炭酸飲料500mL1本あたりにかかるコストは約54円、炭酸水だけなら約18円と、コストパフォーマンスも高い。

今回同社が発売するのは、スパークリングウォーターに添加する高級アルコール濃縮エッセンス「スパークリング・ゴールド(Sparkling Gold)」だ。ドイツの代表的な白ワイン「リースリング」のテイストで、ドイツのみの限定販売となる。

No image

同社のプレスリリースによれば、2017年10月にドイツで独自に実施されたマーケットリサーチテストでは、調査対象の76%が、フランスのシャンパンブランド「Moet&Chardon」や「Veuve Clicquot」と同じくらい、あるいはそれ以上に「 スパークリング・ゴールド」のテイストを楽しんだ、という。

「世界中の何百万人もの人々が、SodaStreamを使って普通の水道水をボタンひとつでフレッシュな輝く水に変えて楽しんでいます。楽しくエキサイティングな濃縮エッセンスは、より多くのユーザーがホリデーシーズンを祝うドリンクを楽しむ機会を与えてくれるでしょう。乾杯!」と同社のDaniel Birnbaum最高経営責任者(CEO)がアピールするように、クリスマスや年末年始のパーティーにぴったりの商品だ。

No image

11月30日の時点では、同社のドイツのサイトでも価格や発売開始日は明らかにされていない。米メディアNew York Postによれば、同社の株価は「スパークリングゴールド」発売を発表した11月27日の終値で約70%上昇し、火曜日にはさらに3.1%上昇して69.07ドル(約7700円)となった。

「スパークリングゴールド」は、濃縮エッセンスと5種類のスパークリングウォーターの推奨配合比で調合した場合、アルコール10%となる。200mlの美しい金色のガラスボトルに詰められたエッセンスで、12杯のスパークリングワインが作れる。パーティーを盛り上げる「奇跡」のエッセンス、ぜひ日本でも販売してほしいものだ。

参照リンク:
SodaStream公式サイト
https://www.sodastream.de/produkte/sparkling-gold/

写真/SodaStream

文/三崎由美子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

新製品カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
セブンに2種のチョコミント!とろけるチョコスイーツ&もっちりどら焼き
【ふわふわ~♪】ファミマ「パンケーキサンド ピスタチオ」数量限定で新発売!
【人気アイスに新味】「明治 エッセルスーパーカップ Sweet’s ティラミス」は本格派!
くら寿司からクリスマスメニューが期間限定登場!
東京駅限定「新作お土産スイーツ」売上ランキング発表、今買うべきおすすめはコレ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加