最新ランキングをチェックしよう
成体マウスのiPS細胞から卵子の作製に成功、健常なマウスに発生 - 九大

成体マウスのiPS細胞から卵子の作製に成功、健常なマウスに発生 - 九大

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/18

九州大学(九大)は10月18日、成体マウスの尻尾にある組織由来のiPS細胞から培養皿上で卵子を作製することに成功したと発表した。これらの卵子は正常に受精し、健常なマウスになったという。
同成果は、九州大学大学院医学研究院 林克彦教授らの研究グループによるもので、10月17日付けの英国科学誌「Nature」オンライン版に掲載された。
多能性幹細胞から体外で卵子を産生する培養システムの開発は長い間望ま

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
理研、セリン生合成の新しい制御機構を発見
東大、ヒト血液中における血小板凝集塊の高精度検出に成功
東北大など、直径5nmの3次元InGaN/GaN量子ドット作製に成功
  • このエントリーをはてなブックマークに追加