最新ランキングをチェックしよう
成体マウスのiPS細胞から卵子の作製に成功、健常なマウスに発生 - 九大

成体マウスのiPS細胞から卵子の作製に成功、健常なマウスに発生 - 九大

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/18

九州大学(九大)は10月18日、成体マウスの尻尾にある組織由来のiPS細胞から培養皿上で卵子を作製することに成功したと発表した。これらの卵子は正常に受精し、健常なマウスになったという。
同成果は、九州大学大学院医学研究院 林克彦教授らの研究グループによるもので、10月17日付けの英国科学誌「Nature」オンライン版に掲載された。
多能性幹細胞から体外で卵子を産生する培養システムの開発は長い間望ま

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
皆既日食で動物たちが大興奮 キリンの反応は?
NASAの中継映像に“巨大宇宙鳥”が出現「これは本物」!  しかし、即座に放送中断...疑念深まる!
冥王星で「巨大カタツムリ」が激写される! 移動した痕跡もクッキリ、専門家も興奮「背中の殻や頭も写ってる!」
東大病院、肥満症の治療標的とされる「褐色脂肪組織」の新規制御因子を同定
【ガチ】ギザの大ピラミッドの中に隠し部屋が存在、宇宙人の墓か!? 研究者「異常領域を検出」「世界初の成果」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加