日本漫画家協会、海賊版サイトを非難「日本の文化が滅びてしまう」

日本漫画家協会、海賊版サイトを非難「日本の文化が滅びてしまう」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/02/13

漫画家のちばてつや氏(79)が理事長を務める日本漫画家協会が13日、公式サイトを更新。横行する海賊版サイトを強く非難する声明を発表した。

声明では「私たちマンガ家に限らず、ものを創作する人間は、作品を読んだり、観たり、聴いたりしてくれる人たちに、まずは楽しんでもらいたい、と考えています。そして、一生懸命作り上げた作品がきちんとみなさんの心に届き、感動として実を結んだときに、私たち作り手は充実感とか達成感を感じ、また次の創作に向けて頑張ることができるのです」と作り手としての考えを伝え、「作り手と、作品を利用するみなさんが、きちんとした『輪』のなかでつながっていることが大事です」と強調した。

しかし、「残念ながら最近、私たち作り手がその『輪』の外に追いやられてしまうことが増えています」と指摘。「全く創作の努力に加わっていない海賊版サイトなどが、利益をむさぼっている現実があります」と強く批判した。

その上で、「世の中には、マンガ以外にもたくさんの作品があふれています。それらを観たり、読んだりするときに、その「輪」のなかに、創作した人たちがちゃんと一緒に入っているだろうか? と、ちょっと考えてみてくれませんか? 私たち作り手は、どんなに頑張っても、その「輪」の外側では作品を作り続けられないのです」と読者に訴えかけた。

「このままの状態が続けば、日本のいろいろな文化が体力を削られてしまい、ついには滅びてしまうことでしょう。そのことをとても心配しているのです」と漫画のみならず日本の様々な文化の危機感をあらわにした。

No image

日本漫画家協会の理事長を務めるちばてつや氏

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『天は赤い河のほとり』16年ぶり完全新作エピソード
高浜寛「ニュクスの角灯」4巻発売記念、新宿でミニトーク&サイン会
畑健二郎の新連載「トニカクカワイイ」次号サンデーで開幕、松江名俊&新鋭も
SFスポーツアクション&魑魅魍魎ファンタジー、マガジンRでW新連載
「嘘喰い」最終49巻発売、続編やスピンオフ執筆への意欲も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加