ヤクルト川端が餅つき 腰の状態良好「初日からみんなとやる」

ヤクルト川端が餅つき 腰の状態良好「初日からみんなとやる」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/13

松山市内で合同自主トレ中のヤクルト・川端が、約6時間のメニューをこなし、昨年8月に椎間板ヘルニアの手術を受けた腰の状態の良さをアピールした。

No image

松山自主トレ中に餅つきをするヤクルトの川端

この日は、地元関係者の計らいで先輩から22年間続く同地自主トレで初の餅つきも行い「お餅のように粘り強くいきたい」と話した。昨季はプロ12年目で初の1軍出場なしに終わったが、現在は腰周り強化をテーマに肉体改造を続けており「沖縄で初日からみんなと一緒に全力でやることしか考えていない」と1軍キャンプ参加を志願した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
森祗晶氏「若手の良い手本、刺激」/片平さん悼む
「サードしかない」―鷹・松田が激白、“歴代最高”への思いとグラブの秘密
DeNA・ラミレス監督、日本国籍を年内取得へ!第二の故郷へ「恩返し」
入団確実視...松坂大輔が中日に与える計り知れない影響
イチロー級の足!阪神D3・熊谷、一塁到達タイム3秒70 非公式記録も虎に衝撃
  • このエントリーをはてなブックマークに追加