侍・丸 初3番で初猛打ショー!10年ぶりの世界一へ「秋山さんの分もしっかりと」

侍・丸 初3番で初猛打ショー!10年ぶりの世界一へ「秋山さんの分もしっかりと」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/11/17
No image

5回、適時二塁打を放つ丸

「プレミア12・2次ラウンド、日本10-8韓国」(16日、東京ドーム)

日本が“前哨戦”を制し、2次ラウンドを1位で突破した。

前哨戦で丸が本領発揮だ。今大会初めて慣れ親しんだ3番に入り、初の3安打で1打点。「やるべきことをやろうと思っていた。ずっとチームに迷惑ばかりかけていたので、何とか少しでも貢献したいと思っていた」と安どの表情を浮かべた。

流れを呼び込んだのは1-1の三回。巨人でも2、3番でコンビを組む坂本が先頭で出塁し、無死二塁。李承鎬の2球目を「いい形で誠也(鈴木)につなげれば」と投前へのセーフティーバントで内野安打とした。この回一挙6得点へつなげ、稲葉監督も「普段バントをやらないけど、国際大会の大事さを分かっている」と称賛した。

秋山の負傷離脱で追加招集された背番号9は試合前まで計3安打で打率・150。それでもこの日はバントヒットだけに終わらず、四回先頭で右前打、五回2死二塁では右翼線へ適時二塁打も放ち、大暴れだ。

前回大会は準決勝で韓国に敗れており、リベンジの時が待つ。「秋山さんの分もしっかりとやりたい。ここまで来たら絶対勝ちたい」。丸が日の丸を09年WBC以来、10年ぶりの世界一へいざなう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[関西]5点ビハインドから1点差まで縮めるも...大産大は涙の2部A降格(19枚)
現役ドラフト協議、過去複数の移籍活性化策定着せず
ソフトバンク高橋純「初勝利思い出深い」 高谷、栗原とトークショー
石川佳純“黒髪ロング”イメチェンに歓喜の声「断然かわいい!」
右打者の構えで左打席に入ってホームラン 曲芸のようなバッティングが話題沸騰
  • このエントリーをはてなブックマークに追加