DeNAドラ4・勝又、異例の“焼き肉契約”に恐縮「こういう店に自分で来られるよう結果を残したい」

DeNAドラ4・勝又、異例の“焼き肉契約”に恐縮「こういう店に自分で来られるよう結果を残したい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/11/10

DeNAからドラフト4位で指名された勝又温史投手(18=日大鶴ヶ丘)が「球団史上初の男」になった。東京・新宿の高級焼き肉店「叙々苑」で入団交渉に臨み、契約金4000万円、年俸600万円で仮契約。ホテルや学校などで仮契約を結んだ後に後に球団関係者とともに食事に行く流れが一般的だが、焼き肉店で仮契約を結んだのは球団では初のケースという。

No image

焼肉店での仮契約を終えポーズを取る、DeNAのドラフト4位・勝又(撮影・ 久冨木 修)

日大鶴ケ丘では最速152キロ&高校通算30発の「二刀流」として注目され「これから新たな野球人生が始まるという気持ちになった」と表情を引き締めた。大の焼き肉好きで、18歳での「叙々苑デビュー」に「こういう高い店に連れてきてもらった経験がないので…」と恐縮しきり。叙々苑によると過去に系列店でプロ野球選手の入団交渉が行われたことはなく、勝又は「まだプレーしてお金を稼いでいない。こういう店に自分で来られるように、しっかり結果を残したい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神、新外国人有力候補にジョンソン 驚異的奪三振率のリリーフ右腕
野球部員12人を殴る蹴る、ドラフト1位 元プロの監督
西武3位山野辺が契約合意 開幕1軍&三菱車乗る
プロ野球「嫌われ球団」を全国調査! 総合1位は巨人、でも地域別に見ると...
侍上林、全戦安打で強烈アピール 五輪外野譲らない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加