ARスポーツ「HADO」のmeleap 3億円の資金調達

ARスポーツ「HADO」のmeleap 3億円の資金調達

  • ASCII.jp
  • 更新日:2017/11/14

ARスポーツ「HADO(ハドー)」を開発するmeleapは、インキュベイトファンド、DBJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタルから総額3億円の資金調達を実施した。

No image

HADOとは頭にヘッドマウントディスプレー、腕にアームセンサーを装着してプレイするAR技術を使ったスポーツ。3対3のチームにわかれてエナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒の試合時間で点数を競う。

調達した資金はHADOの海外展開を加速させるため、アメリカ(ロサンゼルス)とマレーシア(クアラルンプール)に支社を作り、店舗開拓と顧客サポートの体制強化に使われるとのこと。

また、HADO以外のARを使った新競技の開発も進めており、来年のリリースに向けて開発体制を強化していくとしている。

■関連サイト

meleap

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中国ではあり得ない、リコール神対応「ダイキン空気清浄機」日本の常識は、世界の非常識
【美人コンパニオン多数】「第20回名古屋モーターショー」開幕
超・売り手市場で企業は苦境、内定者つなぎ止めに秘策は?
日産の検査不正、ゴーン流コミットメント経営が原因...経営トップは責任を曖昧に
財政的な幼児虐待:『シルバー民主主義の政治経済学』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加