阪神・マテオ、痛恨の3失点...「投げられなかった自分の責任」

阪神・マテオ、痛恨の3失点...「投げられなかった自分の責任」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/11

(セ・リーグ、巨人5-2阪神、16回戦、巨人9勝7敗、10日、東京D)同点の八回に登板したマテオが、痛恨の3失点(自責2)で来日2年目でワーストの4敗目。先頭の陽岱鋼を四球で歩かすと、二死満塁から寺内に左翼へ2点二塁打を浴びた。「球審の判定も厳しかった? そこに投げられなかった自分の責任…」。前日も七回二死満塁で登板し、マギーに逆転3点二塁打を浴びた。香田投手コーチは配置転換の可能性について「いまも打順によって考えているが、桑原より先にマテオ(を登板させる)というのはあるかもしれない」と話した。

No image

8回、阪神・マテオ=東京ドーム(撮影・山田喜貴)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
緒方監督、沈痛 鈴木の骨折に「いるメンバーでやるしかない」
甲子園ベストナインを発表!編集部が選ぶ9人は?
誠也 右足首剥離骨折!ジャンプして好捕もまさかのアクシデント
元木大介、広陵・中村と早実・清宮を比較「何かを持っている」のは...?
広島鈴木誠也が右足首骨折判明!痛すぎる4番の離脱
  • このエントリーをはてなブックマークに追加