最新ランキングをチェックしよう
反物質の長期保存・輸送技術の開発を目指すCERN

反物質の長期保存・輸送技術の開発を目指すCERN

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/03/19

欧州原子核研究機構(CERN)は、反物質を長期保存・輸送する技術の開発を進めている。陽子の反粒子である反陽子を生成・捕獲した後に別棟の実験施設に輸送し、反陽子と原子核の衝突実験などを行う計画であるという。

反物質は物質に接触した瞬間に対消滅してしまうため、実験に必要な量の反物質を作り出し、一定時間保存しておくことが非常に難しい。しかしCERNはこれまでに、水素の反物質である反水素などの生成に成功

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
中国のオートバイが日本に敵わない理由、それを知ると「恥ずかしい気持ちになる」=中国メディア
マツキヨPBから「ヒルドイド」の類似品が登場! 気になる使い心地は?
交際宣言のうさまりあ、大西ライオンの“夜の一面”暴露「毎日のようにしてるのに...」
神田愛花、夫・バナナマン日村の淫行報道受けコメント
浜崎あゆみ『活動休止』40歳のバースデーに宣言か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加