モノトーンな空にブルーインパルスの勇姿 八王子・富士森公園の空を駆け巡る

モノトーンな空にブルーインパルスの勇姿 八王子・富士森公園の空を駆け巡る

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2017/09/16

2017/09/16 11:51 ウェザーニュース

今日16日(土)は、東京都八王子市で開催されている『第34回全国都市緑化はちおうじフェア』の上空を、航空自衛隊のアクロバット飛行専門チーム「ブルーインパルス」が曇り空の中、見事なアートを描いてくれました!

現地、八王子市富士森公園より!

No image

オリジナル写真はこちら

「地元でブルーインパルスが観られるなんて、最高! 青空だったら、なおさらだけど…」

No image

オリジナル写真はこちら

「八王子にてブルーインパルスが飛ぶというのでやってきました。駅に着いたときは小雨がぱらついていたのですが、演技の時間帯は雨がやみました。」秋雨前線が近づいているため、曇り空となりましたが、上空には水蒸気も含まれており、ブルーインパルスが描く航跡もしっかりと見ることが出来ました。

青空とはまた違い、モノトーンな空に描かれたアートの貴重な瞬間でした。

そもそも、ブルーインパルスって?

航空自衛隊の存在を多くの人々に知ってもらうために、航空自衛隊の航空祭や国民的な大きな行事などで、華麗なアクロバット飛行(これを展示飛行と呼びます)を披露する専門のチーム、それがブルーインパルスです。(航空自衛隊ホームページより)

参考資料など

参考
・航空自衛隊ブルーインパルスホームページ(https://www.mod.go.jp/asdf/pr_report/blueimpulse/)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
豊田真由子氏の秘書また退職 復帰後にお礼やねぎらいの言葉なく...
八王子で作業員“感電死傷” 現場責任者を書類送検
【衝撃】Hydeが48歳だと信じられないのでアラフィフのミュージシャンをまとめた結果 → 時空歪みすぎィィィイイイ!
ハリケーン直撃のアレシボ電波望遠鏡、305m径巨大反射鏡の受信部落下の被害。今後の運営にも暗雲
登山・トレッキング・ハイキングに人気のエリアTOP10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加