ロナウド2得点、レアルがPSGとの大一番で先勝 欧州CL

ロナウド2得点、レアルがPSGとの大一番で先勝 欧州CL

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/02/15
No image

サッカー欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦、レアル・マドリード対パリ・サンジェルマン。勝利を喜ぶレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウド(2018年2月14日撮影)。

【AFP=時事】サッカー欧州チャンピオンズリーグは14日、決勝トーナメント1回戦第1戦が行われ、レアル・マドリードはクリスティアーノ・ロナウドの2ゴールなどでパリ・サンジェルマン(PSG)から3-1の逆転勝利を収めた。

ネイマールのアシストからアドリエン・ラビオにゴールを決められ、本拠地で先制を許したレアルだったが、前半の終了間際、ロナウドがPKからレアルでのチャンピオンズリーグ通算100ゴール目を決め、試合を振り出しに戻した。

そして後半38分にロナウドがゴール前で2点目を挙げて逆転すると、最後はマルセロが2戦合計スコアの点でも貴重な3点目を挙げ、8万人近い観客を沸かせた。

主将を務めるセルヒオ・ラモスは「こういうのを記憶に残る日にしなくちゃならないし、そのために一番良いのは、きょうのように気持ちの強さを見せることだ。連覇への意欲を持ちながら、こういうプレーを続ける必要がある。レアル・マドリードは死んだとか、終わったとかいう考えは間違いだ」と話した。

一方でPSGのラビオは、チームが同じ問題を繰り返していると嘆き、「いつも同じことを言っているのに、いつも同じことをやって追いこまれてしまう。ディジョン戦で8点取ったり、リーグで4点取ったりするのは簡単だけど、こういう試合では決めるべきところで決めなくちゃならない。問題はそこだよ」とコメントした。

終盤に崩れた姿は、昨シーズン、FCバルセロナに第2戦で1-6の大敗を喫し、まさかの決勝トーナメント1回戦敗退に追い込まれたことを思い起こさせるものだった。当時バルセロナでプレーしていたネイマールは、この試合ではPSGに違いをもたらせず、チームが3月6日に行われるホームでの第2戦で逆転するのは並大抵のことではない。

敵地での貴重な引き分けまであと少しのところから、最後に逆転負けを喫したことで、ウナイ・エメリ監督にかかる重圧はさらに増している。一方でレアルのジネディーヌ・ジダン監督にとって、この結果は大きな追い風になった。

国内での不振が続き、エメリ監督と同様に解任の重圧にさらされているジダン監督は、この試合でどうしても勝利が必要だった。そのうえ、交代出場のマルコ・アセンシオが終盤の2ゴールを演出している点も、監督の采配に対する評価につながる。

また監督は、過去4シーズンで3回チャンピオンズリーグを制しているチームにとっての大一番で、ギャレス・ベイルを先発から外し、そのポジションにイスコを起用する賭けに出た。

ゴール裏のレアルサポーターも、選手入場の際にテニス選手のラファエル・ナダルを描いた巨大な横断幕を広げることでチームを後押しした。熱烈なレアルサポーターとして有名なナダルは、フランス・パリで開催される全仏オープンで優勝10回と圧倒的な強さを誇っている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
吉田麻也、靱帯負傷で離脱「残念ですが更にパワーアップして帰ってきたい」
アメリカや中国も視野...34歳ロッベン、現役続行へ意欲「あと1、2年はトップレベルで」
麻也は左膝内側側副靱帯損傷、ブログで明かす「パワーアップして帰ってきたい」
“悪魔の左足”を持つR・カルロス、「残忍FK」の反響拡大 「人々はまだ恐怖している」
ゴメスの1点を守り抜いたシュトゥットガルトが連勝を飾る...浅野はメンバー外
  • このエントリーをはてなブックマークに追加