【競輪】柴崎淳が1角半まくりで地元四日市記念V3

【競輪】柴崎淳が1角半まくりで地元四日市記念V3

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/11/10
No image

09年以来となる地元記念制覇を成し遂げた柴崎淳

「泗水杯争奪戦・G3」(10日、四日市)

柴崎淳(33)=三重・91期・S1=が最終1角半からまくりを決めて優勝。09年以来、3回目の地元記念制覇を成し遂げた。2着には諸橋愛、3着には浅井康太が入った。6Rで行われたブロックセブンは松岡篤哉が制した。

10年ぶりに地元記念を制した柴崎。「ゴールしてから10年ぶりかと思った。(08、09年に)連覇をしてから思うような競走ができず、モヤモヤしたが、少し晴れた気がする」と喜びを語った。

レースは赤板で嵯峨を先頭に4車で並ぶ北日本勢が主導権取りに動くが、番手の小松崎に村上が飛び付き前団がもつれる。柴崎は「(村上が)粘るとは思ってなかったが、あとは自分のタイミングだけを取った」と最終1角半から猛然と踏み上げて1着でゴールした。

次走はG1・競輪祭(19~24日・小倉)。今開催を走る前から「競輪祭には忘れ物がある」と決勝4着に終わった昨年のリベンジに燃えている。「G1への思いは人一倍強い。次が本当の勝負だし、頑張りたい」。地元記念の優勝で流れは最高。競輪祭では念願のG1初タイトル奪取を狙う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
武田玲奈、少年誌ラストグラビアで美バストあらわ
ホリエモン、鳩山氏より安倍首相の“黒い所”を突いての声に「あほなの?」
「死ね」発言の笠りつ子謝罪 岡本綾子氏の告発感謝
西山茉希、マクドナルドで独特すぎる食べ方 「天才的」と絶賛相次ぐ
エアコンプレッサーを「悪ふざけ」で体に当て複数人が死亡 非常識な行動に怒りの声【モンスター従業員事件簿】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加