上地雄輔、ボケまくる吉川晃司に「漫才しに来たわけではないから!」

上地雄輔、ボケまくる吉川晃司に「漫才しに来たわけではないから!」

  • ザテレビジョン
  • 更新日:2018/07/10
No image

「連続ドラマW 黒書院の六兵衛」の完成披露試写会&舞台あいさつが都内で行われ、(写真左から)吉川晃司と上地雄輔が登壇した

【写真を見る】2人の軽快なやりとりは、記者会見後のフォトセッションまで及んだ。上地雄輔は吉川晃司について「本当によくしゃべる」とコメント

7月22日(日)夜10時にスタートする新ドラマ「連続ドラマW 黒書院の六兵衛」(WOWOWプライム ※第1話無料放送)の完成披露試写会&舞台あいさつが都内で行われ、吉川晃司と上地雄輔が登壇した。

直木賞作家・浅田次郎の同名小説をドラマ化した本作。江戸城不戦開城を舞台に、一切口をきかず江戸城内へ居座り続ける御書院番士・的矢六兵衛(吉川)と彼を排除するよう命令された名もなき下級藩士・加倉井隼人(上地)との熱き友情物語がつづられる。

登場するなり、仲の良い様子を見せる吉川と上地。上地がMCに「本当に(吉川は)よくしゃべる」と報告すれば、吉川は「(六兵衛の)イメージを壊すなよ!」とツッコミを入れる。吉川が「この共演で最後です」と冗談を言うと、すかさず「違います!」と訂正。こうしたやりとりに、思わず上地は「漫才しに来たわけではないから!」と注意をしていた。

「(上地は)せりふが2人分ですから大変だったと思う」(吉川)

本作は、とりわけ2人のシーンが多い。吉川は「(自分がしゃべらない分、)彼はせりふが2人分ですから大変だったと思います」と上地をねぎらう。しかし、黙っているシーンがつらかったかと尋ねられると「(他の人の演技を見て)『また間違えやがった。帰るの遅くなるじゃねーか。いい加減にしろ!』って思っていた」と本音をポロリ。上地が「そんなふうに思っていたんだ!」と驚くと、吉川は「君のせいで何回夕飯が遅れたか」と言い会場を笑わせた。

吉川の演技について「背中で演じてくれた」と上地。「僕のシーンが終わると、後ろを向いたまま、ゆっくり親指を立ててくれるので、それをもらうために“頑張ろう”と思っていました」と回顧。しかし吉川の思惑は違ったようで「『今日は早く帰れるぞ!』って(思っていた)」と明かすと、「そっちの親指だったの?」とガックリとうなだれていた。

難しい役どころに挑戦した吉川は「時代が変わっても“残すべき美しいものは残さなきゃ”と思いましたね」と述懐。『明治維新』という革命時に六兵衛は周りの人々に「武士道って何だと思う?」と問うたのだ、と解釈したそう。

対する上地は加倉井を演じたことで「どんな長ぜりふも怖くなくなりました」とコメント。吉川は「このあと、絶対長ぜりふのある芝居の話が来ますよ。だってできるんだもん」と明言した。

「新たな挑戦ができることが面白い」(吉川)

また、それぞれが時代劇の魅力について言及する一幕も。吉川は「今の時代に合わせると滑稽に映ったり不可解になったりするのだけれど、過去や未来に背景を変えることでばっちりハマることがあると思う」と語る。続けて「まさにこの作品もそうで、時代劇だからこそ、しなやかに流れてくれる」と述べた。

上地は時代劇を「音楽に似ている」と例える。音楽に乗せるからこそ伝えられることがあると言い、「時代劇だからこそ出てくる感情や表現があると思うので、音楽に通ずるものがある」と説明した。

最後に上地は「このドラマは、皆さんの人生や家族に対する思いだとか、今の生活に重なる部分があると思います」と言い、「スタッフ一同、一生懸命作った作品なので1人でも多くの人に見てほしいと思います」と力強くアピール。

続けて吉川は「以下同文です」とひとボケした後、「こういう新たな挑戦ができることが面白い。それがWOWOWの魅力だと思います」と語った。

2人の軽快なやりとりは、記者会見後のフォトセッションまで及び、終始笑いの絶えない記者会見となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
YOSHIKIにToshIと絶縁!?X JAPANに急浮上した空中分解の危機
草刈正雄の長女・紅蘭に妊娠報道 祝福の声の中「結婚してませんよね?」の反応も
「一緒に仕事したくない」?加藤綾子が明石家さんまに我慢できず番組降板へ
“リア・ディゾンの再来”アンジェラ芽衣、最高級ボディで釘付け
「木村拓哉に見えない......」公開写真にファン動揺! 「げっそり」「違和感」と不安の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加