“銀髪”綾野剛が佐藤健の宿敵に「亜人」追加キャスト発表

“銀髪”綾野剛が佐藤健の宿敵に「亜人」追加キャスト発表

  • モデルプレス
  • 更新日:2017/02/17

【亜人/モデルプレス=2月17日】俳優の佐藤健主演の実写映画「亜人」(9月30日公開)の追加キャストが17日、発表された。

No image

(写真 : 亜人追加キャストの綾野剛ら(中央右)(C)2017映画「亜人」製作委員会 (C)桜井画門/講談社)

【さらに写真を見る】亜人に綾野剛!

映画は、人間と姿は同じだが不死身の新人類“亜人”であることに気付いた主人公・永井圭が、世界の差別や隔絶を経験しながら「自己」「生きる道」を懸命に模索し、国家権力や同じ種族の“亜人”と戦っていくというストーリー。

◆綾野剛が佐藤健の敵に

佐藤健演じる永井と敵対し、大量虐殺を繰り返して国家転覆を謀るテロリスト・佐藤を演じるのは綾野剛

綾野は、原作の元軍隊上がりというキャラクターを意識。役作りのために銀髪にし、撮影4ヵ月半前から食事コントロールと筋肉トレーニングで肉体改造を行った。線の細い綾野のイメージからほど遠い姿に「(筋肉が)CGのようだ」と撮影スタッフを驚かせ、「僕の上半身裸の写真を携帯の待ち受けにしてくれていて(笑)」(綾野)と、同作の本広監督も綾野の肉体改造に惚れ惚れしたようだった。

綾野とは映画「るろうに剣心」以来の共演となる佐藤健は「僕もですが、彼(綾野)もすごく漫画が大好きで読んでいて、漫画の実写化の難しさを重々わかっている人だったので、佐藤という役をやることの重さや、亜人という漫画の実写化について同じものをシェアできていて、同じ目線でいれたので、あとは必死にやるだけで、もちろん俳優としてもすごく信頼しているので、そっちは任せた、こっちはこっちでやるという安心感がありました」と語る。

◆玉山鉄二、城田優、千葉雄大、川栄李奈、浜辺美波らも出演

また、綾野演じるテロリストが率いる亜人組織を追うドS官僚・戸崎を玉山鉄二が演じ「少し恥ずかしいと思いながらも恥ずかしがらず、僕が感じたSな部分は増長してやらせていただきました」と話している。

綾野率いるテロリストグループの亜人を城田優千葉雄大山田裕貴が演じ、川栄李奈が玉山の秘書兼ボディガードを演じる。さらに浜辺美波、品川祐、吉行和子も出演する。

綾野と撮影をともにすることが多かった城田は「綾野さんは、作品のことや役のことを深く考えているのが、随所に現れていました。撮影中もいろんなことに気付いては、監督に報告したり、提案したり、本当に今回は佐藤役の綾野剛さんが亜人チームをまとめたというか、まとめようとしてまとめただけじゃなく、態度や行動で示して、先陣切って現場でも大活躍でした。圧倒的に強い佐藤という役に合っていたと思います。」と綾野のリーダーシップを絶賛した。(modelpress編集部)

■綾野剛コメント全文

本広監督と佐藤健君、アクション監督の大内さん、他の共演者や各部署の方々の力を借りて、佐藤という魅力的なキャラクターをキャラクターで終わらせるのではなくて、きちんと人物にすることができましたし、それが実写の意味だと思います。原作とは年齢的な部分でも、ある種枯渇している部分でも、僕とは差がありますが、この映画の中で生きている佐藤はきちんと原作からいただいたニュアンスを非常に大切にしました。

ハンチング等のアイテムもそうですが、進化した佐藤を実写の中で表現するべく、肉体作りもコミュニケーションやあらゆることを惜しまず、本当に魅力的な、ただ怖いだけではなく、妙にチャーミングさと軽快さもある新しい佐藤の造形を「亜人」という原作に敬意を払いながら作ることができました。肉体的にも非常に追い込めて、ものすごく僕自身も良い状態で佐藤を生きることが出来た自負があるので、撮影もちゃんと毎日毎日一つずつきちんとやりきっているという実感があります。

原作のイメージや印象はできればまんま一緒にしたいくらい大切にしたいと考えています。そこに向かって全力で努力することは当然だと思っているので、それは原作者に対して・原作ファンの皆様に対しての敬意でもあります。

亜人は、ただ死なないという人間であって、決して超人ではないですし、いわゆるスーパーヒーローでもなく、空を飛べるわけでもない。肉体的には体力も含めて、人間と変わらない。ただ佐藤が過去に行っていたことは、原作に基づいて、軍隊上がりの彼が身に着けた筋肉というのはきちんと表現しなきゃいけないので、裸になるのが1シーンでも、この作品に入る4ヵ月半前から体作りを始めました。

スタッフからは「CGみたいだね」と言われましたが、本広監督が僕の上半身裸の写真を携帯の待ち受けにしてくれていて(笑)それだけ頑張ったことを応援してくれているかのようで、嬉しかったです。ああいうことを素でやってしまう監督に、改めて魅力を感じました。

(佐藤)健君とは、久々の共演ということもあって僕自身非常に嬉しかったですし、さらにいいものを一緒に作ろうよという思いも強かったので、本当に良いタッグを組めて、本広監督に向かっていくことができたのかなと、健君には非常に感謝しています。

■玉山鉄二コメント

どう写っているかは、僕も不安ですが…僕が感じた原作の戸崎の男っぽい、かっこいい部分と、ちょっとセクシーな部分、クレバーな部分をバランス取りながら色々と試行錯誤して考えて表現したつもりです。ただ、どうしてもこの作品においての戸崎というキャラクターは、原作ファンにとって特別で、とても人気があるキャラクターなので、そのプレッシャーに負けないようにやらなきゃいけないと思っていました。

本広監督とも、泉との関係性や、戸崎のキャラクターとしてのツンデレや、ちょっとS強めな感じは話し合いながら、詰めて演じました。少し恥ずかしいと思いながらも、恥ずかしがらずに、僕が感じた戸崎のSな部分は、増長してやらせて頂きました。

主演の佐藤健さんは、本当に繊細にこの作品の事や自分のキャラクターを考えていらっしゃって、些細な事も監督と相談したり、スタッフとちょっと会話して、自分の中の溝を埋めていったりといい意味での神経質というか。ちゃんと役と向き合っている感じというのを沸々と感じる役者さんだなと僕は感じました。

■映画「亜人」ストーリー

2017年東京、研修医・永井圭は、ある日、トラックと衝突し、死亡。しかし直後に肉体が回復し、生き返ってしまう。不死身の新人類“亜人”と発覚した圭は、懸賞金目当ての周囲の人間や警察に追われ、亜人研究施設に監禁され、非人道的なモルモットにされる。そんな圭に“帽子”と呼ばれる、圭と同じく“亜人”のテロリスト・佐藤が助けの手を差し伸べる。しかし、国家転覆を図り、大量虐殺を繰り返す佐藤に、加担できない圭。そんな圭に気づき、佐藤の怒りの矛先は圭に向かっていく。戦いたくない最弱の“亜人”VS最強最悪の“亜人”。佐藤を止めるため、圭は走り出す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
実写版「咲-Saki-」公式本、浜辺美波の撮り下ろしグラビアや聖地巡礼も
第89回アカデミー賞主演女優賞は『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーン!
アカデミー賞 作品賞『ララランド』と発表→『ムーンライト』だったと訂正
『東スポ映画大賞』ビートたけしとベッキーがツーショット「ないことばかり書かれましたが......」
福島の“いま”を描く 山本寛監督の新作アニメプロジェクト「薄暮」、クラウドファンディングが開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加