堀口恭司 コールドウェル戦の前日計量パス 頼もしい援軍も到着

堀口恭司 コールドウェル戦の前日計量パス 頼もしい援軍も到着

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/06/15

6月14日(日本時間15日)のベラトール世界バンタム級タイトルマッチ(マジソン・スクエア・ガーデン)に出場する堀口恭司(28)は13日(日本時間14日)、前日計量をパスした。

No image

公開計量に臨んだ堀口(右)とコールドウェル(左)

昨年末のRIZIN.14で下したダリオン・コールドウェルとのリターンマッチ。ただ、計量会場では堀口の父とコールドウェルの父が記念撮影に収まるなど、和やかな雰囲気でもあった。

バンタム級61キロの計量をパスした堀口は、宿舎近くのデリでリカバリーの食事を摂った。スープで体を回復させ、肉類と炭水化物などを口にして本番へ臨む肉体を整えた。

この日から栃木県足利市にある出身の空手道場「一期倶楽部」の二瓶孔宇氏が合流した。師匠である亡き二瓶弘宇館長の3男。タイトルマッチではセコンドに入り、援護する。頼もしい援軍も加わり、いよいよ決戦の舞台へ上がる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
PUBG公式大会「PJSseason3 Phase2 PaR」の概要とグループ分けが発表
ワンオクTaka「僕等の光」4階級王者井岡を祝福
村田諒太を迎え撃つ王者ブラントが異例の早期来日
偉業の井岡、汗でタトゥー浮き出るもルール上不問
井岡「新たな歴史を残せた」=4階級制覇から一夜明け-ボクシング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加