ブラジル戦で痛恨PK判定の吉田、VARに再言及 「どんなもんで吹かれるか試したかった」

ブラジル戦で痛恨PK判定の吉田、VARに再言及 「どんなもんで吹かれるか試したかった」

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/11/13
No image

試合直後は困惑気味も、翌日に再びVAR判定について語る

バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、10日の国際親善試合ブラジル戦で1-3と敗れた。14日のベルギー戦に向けて12日からベルギー合宿をスタートさせたなか、DF吉田麻也(サウサンプトン)は改めてブラジル戦のVAR判定を振り返り、「試したかった」と明かしている。

ブラジル戦の前半7分、左CKの守備時に吉田はマークしていたMFフェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ)を手でつかんで倒した。プレーが途切れた後にビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)による映像確認が行われ、主審はペナルティースポットを指差しブラジルにPK判定。これをFWネイマール(パリ・サンジェルマン)に決められ、日本は開始10分でビハインドを背負う苦しい展開となった。

試合はその後、CKのこぼれ球からDFマルセロ(レアル・マドリード)に利き足とは逆の右で弾丸シュートを叩き込まれると、カウンターから日本の左サイドを崩され、最後はFWガブリエル・ジェズス(マンチェスター・シティ)に押し込まれて前半だけで3失点。後半にCKからDF槙野智章が1点を返したものの、1-3で敗れた。

先制点を献上する形となった吉田はVAR判定について、試合直後に「(VARが)なぜイングランドでやらないか分かりました。イングランドでやったら全員ファウル」と困惑の様子だったが、12日に改めてVARについて問われると、「どんなもんで吹かれるか試してみたかった」と明かしている。

ベルギー戦はVARなし「より激しくいきたい」

ブラジル戦のVAR制度導入は、日本代表にとっても初の試みだった。ロシア・ワールドカップでも採用されるだけに、選手としてはどのような状況で判定を取られるのかチェックしたい思いがあるのは当然とも言える。吉田も、その一人だったようだ。

「ビデオ判定が初だったので、どんなもんで笛を吹かれるのか試してみたかった。(試せたので)結果良かったんですけど、点が入っちゃったのでちょっと。あれくらいでファウルになるかどうかを確認したかった」

ブラジル戦のVARはフランスサッカー協会による意向もあり導入されたため、ベルギー戦でVAR判定はない。そうした状況を受けて吉田は「次(ベルギー戦)はないんですよね。ないのであれば、より激しくいきたいと思います」と気持ちを新たにしている。イングランド仕込みの守備で、193センチ・94キロを誇る屈強なFWロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)らを封じることができるだろうか。

【了】

大木 勇(Football ZONE web編集部)●文 text by Isamu Oki

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
セクシーさで有名なサッカー選手の妻、試合前日の“夜の営み”の実態を暴露する!
R・シルバが故障の不安を一掃、スタメン出場が濃厚か 「全ての風が僕たちに吹いている」
オーウェン氏、騎手デビュー戦で2着「馬がとてもよくやってくれた」
浅野拓磨が今季初ゴール!...こぼれ球を左足で押し込み貴重な先制弾
浅野拓磨、ついに独1部初ゴール! チームはアウェイ全敗がストップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加