住友ゴム、F4選手権へのダンロップタイヤ供給を2020年まで継続

住友ゴム、F4選手権へのダンロップタイヤ供給を2020年まで継続

  • レスポンス
  • 更新日:2017/12/07
No image

FIA-F4選手権

住友ゴム工業は、FIA-F4選手権にダンロップ「ディレッツァ レーシングタイヤ」をワンメイクタイヤとして2018年からの3シーズンも引き続き供給すると発表した。

FIA-F4選手権は、F3につながる新たなエントリーフォーミュラカテゴリーとして2014年にイタリアで初開催。日本では2015年より「SUPER GT」シリーズのサポートレースとして開催され、若手ドライバーたちの登竜門として、激戦が繰り広げられている。

ダンロップは開催初年度からワンメイクタイヤを供給しており、2018年からの3シーズンも引き続きタイヤ供給を継続。若手ドライバーの育成とモータースポーツの発展をサポートする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
呼吸停止の息子を連れて緊急外来に行った母、「順番を待って」と言われ愕然(英)
みやぞん、現場での悪評...挨拶せずタバコふかす、共演者に愛想なし
日馬富士が飲んだ「貴乃花潰し」密約全容(3)貴ノ岩は全力士を敵に回した
「焼き芋」を持って狼犬の群れの中に入ったらエライことに笑
知らぬ間にスマホのバッテリーを吸いとっていること7選&止める方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加