「はたらく細胞」過去最大規模の原画展が東京と愛知で開催

「はたらく細胞」過去最大規模の原画展が東京と愛知で開催

  • コミックナタリー
  • 更新日:2019/08/24

清水茜「はたらく細胞」の原画展が、東京と愛知で開催される。

No image

「はたらく細胞原画展」ビジュアル

すべての画像を見る(全2件)

過去最大規模と謳われた本展では、マンガのカラーイラストの原画など150点を公開。フォトスポットや音声ガイド、オリジナルグッズなども用意される。詳細は本日8月24日にオープンした公式サイトにて確認を。

なお東京では10月9日から22日にかけて、東京・松屋銀座で開催。愛知での開催情報については続報を待とう。

はたらく細胞原画展

会期:2019年10月9日(水)~10月22日(火・祝)
時間:10:00~20:00 ※14日(月・祝)、20日(日)は19時30分閉場。最終日は17時閉場。いずれも入場は閉場30分前まで。
会場:東京都 松屋銀座8階イベントスクエア
入場料:一般1000円、高校生700円、中学生500円、小学生300円

(c)清水茜/講談社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
藤堂裕が贈る、愛すべき“あどにゃーら”の青春グラフィティ「由良COLORS」完全版
闇堕ち勇者が復讐無双、「復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する」1巻
「嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい」1巻、小冊子の特典も
死んでしまった最愛の彼女が起き上がる?京都舞台のダークファンタジー1巻
今日のぴあ漫画(フタまんが 2019/9/20更新)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加