中国、子ども145人に期限切れポリオワクチン投与

中国、子ども145人に期限切れポリオワクチン投与

  • AFPBB News
  • 更新日:2019/01/11
No image

ワクチン投与を行う医療施設のごみ箱(2018年7月24日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】中国東部江蘇省で今週、少なくとも子ども145人に有効期限切れのポリオ(急性灰白髄炎)ワクチンが投与されていたことが分かった。国営メディアが報じた。中国では昨年、大手製薬会社によるワクチン製造記録の捏造(ねつぞう)などワクチンをめぐる問題が多数発覚し、当局が対応を強化する姿勢を示していた。

同省金湖県の当局の発表などによると、今週問題が明るみに出たことを受け、保健当局者3人が解任されたほか、県職員5人が取り調べを受けている。さらに全ての保健関連部署への調査も開始され、問題のポリオワクチンは使用中止が命じられたという。

中国中央テレビの10日の報道によると、県営の医療施設で今週、子どもに接種されていた経口ポリオワクチンの有効期限が昨年12月11日だったことに、ある親が気付いたという。

問題のワクチンは金湖県の当局が生後2か月~4歳の子どもに無償提供していた。保健当局によると、有効期限切れのワクチンは効き目が減るものの、副作用はないとみられるという。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本には旭日旗、韓国にはサムライ!海外の人気SNSのアジア杯イラストが物議
議員の「文在寅大統領が日本を刺激」発言で韓国が大もめ
韓国メディアも「明らかな失策だ」 レーダー照射、見えてきた「落ち度」の正体
【韓国レーダー照射】北朝鮮の瀬取り支援疑惑浮上...韓国、日本が金融制裁なら通貨危機に発展も
韓国レーダー照射事件でわかった、日本を見くびる韓国の愚かさ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加