最新ランキングをチェックしよう
「財務省の公文書改竄」で政権激震!日本を救ったのは「朝日新聞」だった

「財務省の公文書改竄」で政権激震!日本を救ったのは「朝日新聞」だった

  • BEST T!MES
  • 更新日:2018/03/22

「財務省が公文書を改ざん」。ジョージ・オーウェルの近未来ディストピア小説『1984年』を思わせる最悪の事態がわが国で発生した。社会学者・宮台真司氏は、適菜収氏が上梓した『問題は右でも左でもなく下である』について、こう述べる。「デマだと攻撃して、反証されると黙り込む卑怯者。自らは平気でデマを噴き、指摘されると黙るクズ。それが『保守政権』を名乗る『美しい日本』ぶり。『保守政権』に重用されて承認されたと

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
立憲民主にも「セクハラ問題」 安倍政権を追いつめる時に足かせか
【民進・希望合流】23人が新党不参加 衆院野党第一党は困難 参院も大幅な勢力縮小
セクハラで空転する国会はデモクラシー末期
【自民党総裁選】竹下亘・竹下派新会長「財政再建やる人になってほしい」
「行政を揺るがす事態」 「桜を見る会」で総理陳謝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加