最新ランキングをチェックしよう
「財務省の公文書改竄」で政権激震!日本を救ったのは「朝日新聞」だった

「財務省の公文書改竄」で政権激震!日本を救ったのは「朝日新聞」だった

  • BEST T!MES
  • 更新日:2018/03/22

「財務省が公文書を改ざん」。ジョージ・オーウェルの近未来ディストピア小説『1984年』を思わせる最悪の事態がわが国で発生した。社会学者・宮台真司氏は、適菜収氏が上梓した『問題は右でも左でもなく下である』について、こう述べる。「デマだと攻撃して、反証されると黙り込む卑怯者。自らは平気でデマを噴き、指摘されると黙るクズ。それが『保守政権』を名乗る『美しい日本』ぶり。『保守政権』に重用されて承認されたと

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
吉岡里帆 書店店員風エプロン姿を披露
"実家"は2022年までに売らないとヤバい
兄にレイプされ妊娠中絶の15歳少女に禁錮6月、インドネシア
カブってない?柴崎岳と結婚した真野恵里菜の過去の恋愛遍歴が注目されたワケ
『サンモニ』に落合博満氏が登場! 張本勲氏の「借りてきた猫状態」に驚きの声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加