【東京モーターショー2017】SUBARUが『VIZIV PERFORMANCE CONCEPT』などを出展

【東京モーターショー2017】SUBARUが『VIZIV PERFORMANCE CONCEPT』などを出展

  • @DIME
  • 更新日:2017/10/11

SUBARUから第45回東京モーターショー2017(プレスデー:10月25日~26日/一般公開日:10月27日~11月5日)の出展概要が発表された。今回の出展コンセプトは「New SUBARU Story ~モノをつくる会社から、笑顔をつくる会社へ~」。SUBARUブランドがユーザーに提供する価値である「安心と愉しさ」の将来像や世界観を、出展車やブース全体を通じて表現し、来場者に笑顔をもたらす体験を提供していく、とコメントしている。

その内容としては、SUBARU独自の運転支援システム アイサイトを核とした高度運転支援技術の搭載により、安全に関する将来ビジョンを具現化しつつ、SUBARU共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC x SOLID”に基づいたスポーツセダンスタイルを採用することで、走りの愉しさを表現した「SUBARU VIZIV (ヴィジヴ) PERFORMANCE CONCEPT 」を中心に、「安心と愉しさ」を体現するコンセプトカーや初公開となる市販車、Super GT参戦車両などが出展される。

初公開の市販車としては、WRX STIをベースとした「S208」(限定450台・抽選販売)と「SUBARU BRZ STI Sport」(クールグレーカーキEditionのみ100台限定・抽選販売)の出展により、SUBARUらしい走りの「愉しさ」を訴求するとともに、同社が中期経営ビジョンの商品戦略において掲げているSTIブランドの活用を拡大していく。

第45回東京モーターショー2017 SUBARU主要出展車両一覧

No image

SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT

No image

『VIZIV PERFORMANCE CONCEPT』は、SUBARUがユーザーに届ける安心で愉しいクルマづくりの将来ビジョンを具現化したスポーツセダンタイプのコンセプトモデルだ。将来の自動運転技術普及期を見据え、アイサイトを核とした高度運転支援技術を、運転を積極的に愉しみたくなるスポーツセダンボディに搭載することで、SUBARUらしい安心で愉しいドライビングの世界観を提示していく。

S208

No image

WRX STIをベースとするS208は、“Sシリーズ史上最高の性能と質感を実現した究極のドライビングカー”を実現すべく、SUBARUとそのモータースポーツ統括会社であるSTIが共同してエンジンや足回りを専用開発。外装・内装にも専用装備を追加した、SUBARUハイパフォーマンスカーのトップエンドモデルになる。2015年に発売したS207に対して、エンジン出力・加速性能の向上やカーボンルーフの採用による低重心化等の改良を施し、SUBARUらしい走りの愉しさを極限まで高めた。2017年10月25日に、車両仕様詳細とともに450台限定の抽選販売方法についても発表される。

SUBARU BRZ STI Sport

No image

SUBARU BRZ STI Sportは、BRZのしなやかさと操縦安定性を高めた、究極の“Fun to Drive”、“Pure Handling Delight”を目指したクルマ。BRZが持つポテンシャルを最大限に引き出し、抜群の操縦安定性と素晴らしい乗り心地をさらに1つ上のレベルで両立するべく、SUBARUとそのモータースポーツ統括会社であるSTIが共同開発し、SUBARU BRZのカタログ最上級グレードとして設定した。ボディ剛性向上や、足回りの専用チューニングにより、ドライバーの意のままに動くハンドリング性能や、BRZ最上級モデルにふさわしい上質な乗り味を実現。さらに、走りの質感に相応しい洗練された専用内外装を採用することで、BRZの魅力を高めた。また、特別外装色を施した「SUBARU BRZ STI SportクールグレーカーキEdition」を100台限定で発売。2017年10月25日に、車両仕様詳細とともに100台限定の抽選販売方法についても発表される。

レガシィ アウトバック Limited Smart Edition

No image

レガシィ アウトバック Limited Smart Editionは、レガシィ アウトバックの最上級グレードが持つ上質感を活かしつつ、さらに機能的に仕上げた特別な一台だ。専用グリル、専用ホイール、ウルトラスエードシート、ダークエンボスシルバー調加飾パネルといった、アウトバックならではの気品を感じさせる内外装デザインに加え、8インチの大型ナビゲーションシステムを装着。Apple CarPlay/Android Autoに対応した車両との連携や、専用のHarman/kardonオーディオシステムなどの高機能を兼ね備え、ドライビングの安心と愉しさをより一層深めている。

SUBARU XV FUN ADVENTURE CONCEPT

No image

UBARU XV FUN ADVENTURE CONCEPTは、SUBARU XVの特徴の一つであるタフでラギッドなデザインを一層強調したデザインコンセプトモデルです。アウトドアアクティビティーを思い切り愉しむことのできるSUBARU XVの世界観を、専用オフロードタイヤとそれに合わせて更に力強いデザインに変更したクラッディングにより表現している。ボディーカラーには大自然の中でも力強く輝くイエローメタリックを採用した。

IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT

No image

MPREZA FUTURE SPORT CONCEPTは、IMPREZA SPORTをベースに、より気軽に運転を愉しみたくなる、新しいスポーツ価値を提案するデザインコンセプトカー。低重心でダイナミックな形状の前後バンパー、スポーティーで存在感のあるセンターマフラーは運転する愉しさを想起させる。また、ボディーカラーのイエローパールとコントラストの効いたインテリアコーディネートによりアクティブなキャラクターを表現している。

関連情報

https://www.subaru.jp/tms/

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドコモ、新たに長期利用者の優遇を強化する方針~18年5月以降
分散型ゲームプラットフォーム「MOLD」、仮想通貨を事前販売
“倒れないバイク”再び ホンダが改良版、東京モーターショーに出展
東北新幹線「はやぶさ」が半額に 八戸開業15周年でネット限定商品発売 JR東日本
スーパーの「アピタ」「ピアゴ」をドンキへ転換 「5年後が勝負」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加