広島経済大・尾仲は中盤崩れる、近大工が2季ぶりV 広島六大学

広島経済大・尾仲は中盤崩れる、近大工が2季ぶりV 広島六大学

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/10/17
No image

「広島六大学野球秋季リーグ、広島大5-4広島経済大」(16日、近大工学部グラウンド)

勝てば優勝が決まる広島経済大が、広島大に敗れたため、近大工の2季ぶり47回目の優勝が決まった。

広島経済大は三回に3点を先制したが、2点リードの四回に守りのミスもあり一挙4点を奪われ逆転を許した。九回に1点差に詰め寄り、なおも2死満塁と攻めたが、あと一歩及ばなかった。

先発したドラフト候補の広島経済大・尾仲祐哉投手(4年)は6回6安打5失点で敗戦投手になった。日本ハム、巨人の編成担当が見守る中、この日最速146キロの直球とスライダーを駆使して序盤は好投したが、中盤に崩れた。前々日に178球を投げており「まっすぐが走っていてこのリーグで一番いいと思ったんですが、疲れが出て力が入らなかった。鍛え直さないといけない」と唇をかんだ。

9勝2敗、勝ち点4でリーグ戦を終えていた近大工学部は、勝ち点4の広島経済大が敗れたため勝率で2季ぶりの優勝となった。29日には明治神宮野球大会の出場権をかけ、中四国代表決定戦に出場する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
4年で3勝でこの金額!日ハム・斎藤佑樹が来季も高給取りを続けられるワケ
ロッテ・田村が2240万増の5000万円でサイン
各球団発表、12月2日の契約、退団、育成契約、入団テスト合格は?
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
注目の巨人のプロテクト 前回の人的補償から見るポイントは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加