日本代表「セネガル戦予想布陣」 香川先発落ちも...秘策はシステム変更と3バック化

日本代表「セネガル戦予想布陣」 香川先発落ちも...秘策はシステム変更と3バック化

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/06/24
No image

日本代表・セネガル戦予想スタメン【画像:Football ZONE web】

セネガルはポーランド戦同様に4-4-2予想 西野監督が秘策を繰り出すとすれば中盤か

日本代表は24日、エカテリンブルク・アレーナでロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦のセネガル戦に臨む。西野朗監督は「コロンビア戦がベース」と先発メンバーの大半は、19日の初戦コロンビア戦(2-1)と同様と見られているが、相手のシステムと戦い方に合わせ、西野監督が秘策を繰り出す可能性もありそうだ。

セネガルは初戦のポーランド戦(2-1)で4-4-2システムを採用し、効果的なプレッシングを披露。これを受けてポーランドが3バックに移行すると、セネガルも合わせるように4-3-3システムに変更して勝利をもぎ取っている。日本戦のセネガルも、スタートは4-4-2が予想されそうだ。

一方の日本は、西野監督がコロンビア戦のメンバーがベースと示唆しているが、セネガルの4-4-2に合わせて、システムを変更する可能性もある。GK川島永嗣、4バックはCBコンビに吉田麻也と昌子源、左サイドバックの長友佑都、右サイドバックに酒井宏樹は初戦と同様か。

指揮官が秘策を繰り出すとすれば中盤だ。相手が2トップの場合、日本がビルドアップする時に中盤から一枚が後方に下がって数的優位を作ればプレスを回避しやすくなる。日本で言えば、MF長谷部誠が最終ラインまで下がり、吉田と昌子の間に落ちて攻撃を組み立てる形だ。それはさながら“3バック化”で、セネガル戦の有効な手立てとなる。

長谷部の3バック化を想定すると、最適は香川ではなく…

長谷部を2ボランチの一角に置く4-2-3-1か、あるいは1アンカーに置く4-1-4-1もあり得る。前者の場合はボランチの相棒にMF柴崎岳が入り、トップ下をMF香川真司が務めるコロンビア戦同様の顔ぶれだ。一方、後者の場合も2列目中央は柴崎と香川が並ぶか。

だが、前述したとおり長谷部が最終ラインに下がってビルドアップする場合、中盤のスペースを埋めながら攻撃にも関与できるMF大島僚太が最適か。柴崎は今の西野ジャパンに不可欠のため、大島を大抜擢するならば香川がベンチスタートとなる。

右サイドハーフは原口元気、左サイドハーフは乾貴士が濃厚だ。もっとも原口はバヒド・ハリルホジッチ前体制で左サイドを主戦場としており、原口を左に据え、右に武藤嘉紀の配置もあり得る。仮に香川に代わって大島を起用した場合、チームの得点力が落ちるため、ストライカー色の強い武藤は打ってつけの人材だ。どの選手が出た場合もハードワークが可能で、3人の組み合わせ次第だろう。

1トップは大迫勇也が不動だ。武藤が1トップに回ることも可能で、岡崎慎司も控えているが、守備の貢献度と安定したポストプレーなどを総合的に考えても大迫が適任だ。

セネガルも3バックに対応…両指揮官の頭脳戦にも注目

コロンビア戦からの変更があるならば、香川に代わって大島、乾に代わって武藤か。システムは初戦の4-2-3-1ではなく、長谷部が後方に下がり“3バック化”することを前提とした4-1-4-1と予想した。

もっとも西野監督は様々な状況を想定して4バック、3バックを国際親善試合でテストしており、システムは展開に応じて臨機応変に変える可能性が高い。一方のセネガルも4-3-3システムに加え、3バックにも対応するなど戦術的な幅が広いだけに、両指揮官の頭脳戦にも大きな注目が集まる。

日本が勝利すれば、他会場の結果次第で2010年南アフリカ大会以来となるグループリーグ突破が決まる一戦。果たして指揮官はどんな決断を下すのだろうか。

(大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
森保新監督をきょう技術委で推挙へ、26日誕生へ節目
西野監督「目標8強明確に」タレント揃う黄金世代
22年W杯「日本代表の先発11人」を海外メディア大胆予想! 急成長遂げる三人も指名
ダウンタウンなうに乾貴士登場、代表で変わり者は?
「驚きの活躍」FIFAが認めた乾貴士...評価できなかった日本の未成熟な評価基準

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加